食物栄養学科

⇒ 食物栄養学科の紹介はこちら

【教員インタビュー】冨本栄次 先生

2013.12.06

 教員インタビューでは、各所で活躍する本学の先生方を紹介します。
先生方のご専門や講義内容だけではなく、生い立ちや学生時代の様子、考えていること等についてインタビューをさせていただきます。

 第1回教員インタビューでは、郡山女子大学 家政学部 食物栄養学科の冨本栄次先生をご紹介します。
冨本先生は、日本体育大学卒業後に、実業団の大同特殊鋼株式会社ハンドボール部で選手兼監督として活躍されました。
またハンドボール日本代表として世界選手権、アジア大会への出場経験も豊富。
現役引退後は日本代表のコーチとして後進の指導にあたっておられましたが、2012年より本学教員として着任し、活躍の場を大学の教壇にも広げていただいています。

冨本栄次 先生 略歴:
——————————————————————————————————–
神奈川県 出身 
1994年 日本体育大学 体育学部 卒業
1994年 大同特殊鋼株式会社   入社
2010年 郡山開成学園 就職部 
2012年 郡山女子大学 家政学部 食物栄養学科  着任
——————————————————————————————————–


Q.  現在、学園で力を入れている活動や取り組みについて教えて下さい。

A.  学生の健康維持や増進のため、学園内の体育館が有効に活用できるように、環境づくりを中心に取り組んでいます。また、2013年度より附属高校にハンドボール部が創部され、高校生の部活動指導も行い、インターハイ出場、上位進出を目標に日々活動しています。

Q.  担当されている講義では、どのような内容を、どのように教えているのですか。

A.  大学の講義では、「運動健康論」「スポーツ実技」「健康スポーツ論」を担当しています。
主に健康と運動の関係や、様々なスポーツを実践することで生涯にわたり運動やスポーツに携わり、自分のからだについて興味を持つことができることを中心に、講義や実技を通して学生に伝えています。
実技では2つのポイントを用意しています。1点目は、学生の皆が体を動かすことの素晴らしさに気付いてもらうため、縄跳びや、ストレッチ、バランスボール、軽い負荷を与える筋力トレーニング、また、これまでに経験したことのないスポーツを通して自分でもできる運動やトレーニングに気付いてもらえるようにしています。2点目は球技を中心にチームスポーツを行い、技術、技能だけではなく、スポーツマンシップやフェアプレーの精神、コミュニケーション能力を身につけ、バランスの良い学生になってほしいことをポイントに学生と接しています。


Q.  先生の学生時代の様子について教えて下さい。

A.  中学校から始めたハンドボール部での活動が、私の学生生活の中心でした。そのため、アルバイトやプライベートの時間はほとんどなく、自分の夢でもあった全日本の代表選手になりオリンピックへ出場することや、全日本学生選手権大会(インカレ)の優勝を目指し、日々、練習に取り組んでいました。その結果、諸先輩方のおかげで1・2年の時にインカレで優勝することができました。辛いことの方が多かったですが、夢や目標を持ち、真剣に取り組んできた時間は、とても良い経験と想い出となり、私の人生においてとても重要な時期であったと思っています。


Q4. 先生のこれまでの生い立ち等を教えて下さい。

A.  体育系ではありますが、小さいころは体も小さく病気がちでした。小学生のころにスポーツ少年団で柔道を始めてから心身共に鍛えられ、徐々に体力もつき、運動やスポーツをすることが大好きになりました。
中学に入るとハンドボールという、見たこともないスポーツに興味を持ちました。入部してみると、理由は定かではありませんがとても楽しくなり、気が付けば高校、大学、実業団でプレーさせていただきました。残念ながら夢のオリンピック出場には届きませんでしたが、多くの経験をさせていただき、特に、やり続けることの大切さや、嫌なことから逃げないこと、さらには、人とのつながり、仲間の大切さ、目標や夢に向かって、いくつもの壁を乗り越えることで見えてくる自分の強さや弱さなど、様々なことを学ぶことができ、とても充実した時間でした。


Q5. 本学の学生や、これから本学で学ぼうとしている高校生に一言お願いします。

A.  私は、中学の時に出会ったハンドボールというスポーツで人生が変わりました。
また、中学の時に、周りからは無理だと言われた「オリンピックに行くこと」や「全日本の代表選手になること」という夢を追い続けたことは、今になって思えば良かったことだと考えています。全ては叶いませんでしたが、その過程は、人生において決して無駄な時間ではありませんでした。
本学で学ぶ学生の皆さん、また、本学で学ぼうとしている高校生の皆さん、夢や目標を持つことはいつからでもできます。その夢や目標に向かって頑張っている人は、とても素敵だと思いませんか!!「成功は約束されていないが、成長は約束されている」。未来の自分の可能性を信じて、頑張ってください!!