人間生活学科

⇒ 人間生活学科の紹介はこちら

【第2回教員インタビュー】廣野正子 先生

2014.01.27

 教員インタビューでは、郡山女子大学・郡山女子大学短期大学部の先生方を紹介します。
先生方のご専門や講義内容だけではなく、生い立ちや学生時代の様子、考えていること等についてインタビューをさせていただきます。

 第2回教員インタビューでは、郡山女子大学 家政学部 人間生活学科の廣野正子先生をご紹介します。廣野先生は、福島県二本松市で育ち、高校を卒業後、千葉県にある福祉関連の専門学校に進学されました。
 小学校の頃に交流した、笑顔のすてきな知的障害児とのかかわりや、専門学校での学習や実習を通して、人との交流や困っている人の役に立ちたい、と言う考えが強くなり、高齢者の施設で介護員や相談員として活躍されました。
 施設でお勤めの後、知識だけではなく理論も伴った対応やかかわりの必要性に気づき、大学や大学院へと進学。現場での知識や体験だけではなく、理論も兼ね備えた先生です。
 2013年より本学教員として着任し、現場の視点を大切にした講義を展開していただいています。

廣野正子 先生 略歴:
——————————————————————————————————–

福島県二本松市 出身 
1985年 江戸川学園豊四季専門学校 社会福祉実務科 卒業
1985年 特別養護盲老人ホーム聖明園寿荘(介護員)
1991年 特別養護老人ホーム聖明園富士見壮(生活相談員)
2000年 佛教大学社会学部 卒業
2002年 早稲田福祉専門学院 専任教員
2010年 立教大学コミュニティ福祉学部 助手
2013年 東洋大学大学院福祉社会デザイン研究科修士課程 終了
2013年 郡山女子大学家政学部人間生活学科 着任

——————————————————————————————————–


Q.  現在、取り組んでいる研究内容について教えて下さい。

A. 特別養護老人ホームで働いていた経験から、仕事によるストレスへの対策を研究テーマにしております。
 前向きに生きている人たちが共通して持っている要因として、SOC(首尾一貫感覚)というものがあると、アントノフスキーが発表しました。このSOCを持っている人と言うのは、極限のストレスにさらされながらも、心身の健康を守ることができるだけでなく、そのストレスの経験を、成長の糧にさえしているのです。私は、この概念が、多くのストレスを抱えながら働く介護職員のストレス対策に役立てられるのではないかと考えております。つまり、SOCが高くなれば、ストレス対処力を高める可能性があるので、どのようにしたらSOCを高められるか、その方法を探求しております。
 介護の仕事は、やりがいや達成感を得ることができ、人生の終焉に立ち会うという神聖な経験をさせて頂くこともありますが、一方では、夜勤など仕事環境からのストレスもあります。我が国において、今後も重要になってくる介護の仕事をする方に、負担は軽減できることを伝え、また、その方法を提案できれば、と考えております。

Q.  担当されている講義では、どのような内容を、どのように教えているのですか。

A.  介護の実践に関係する「生活支援技術」「介護の基本」「介護総合演習」「介護過程」などを担当しています。
 介護は「誰にでもできる」というイメージがあるかもしれません。しかし、専門職として介護に求められることは、「介護されるその人がその人らしく生きられる」ように支援するということです。
 そのためには、理論や技術だけでなく、人を尊重する心と、その人らしい生活とは何かということを創造する力が必要になります。例えば「食事をする」という、普段行っていることを、「食べることの目的とは何か」や、「より生活の質を上げるための方法」など、無意識に行っていることを常に意識し、なぜ行うかという根拠を明確に持つことの必要性を伝えております。そして、理論的思考だけではなく、体験することから得る学びが実践力に繋がると考え演習をしています。

Q.  先生の学生時代の様子について教えて下さい。

A.  福祉について2年課程で学べる所は、都内に短大1校、専門学校2校でした。
 そんな時代でしたので、女子寮は北海道から沖縄まで全国から集まり、福島から初めて出た私のカルチャーショックは大きいものでした。
 まずは、言葉の違いです。たとえば「お米を・・ひやす(銚子)・浸す(関東圏)・うるがす(福島)」など普通に伝わると信じていた私たちは、それから物言う毎にこれは標準語?と互いに確認・・・と言っても私の同室者は静岡県、右隣は北海道・青森県、左隣は栃木県・岩手県と標準語であるかの確認がとれない状況でした。結果、NHKが標準語だと気づき、意識してTVを聴くようになりました。
 習慣の違いもありましたが、互いに個性として認め合い、門限20時の女子寮生活は異文化の集合体で貴重な生活をしました。



Q.  先生の趣味や特技などを教えて下さい。

A.  リラクゼーションが趣味であり、特技でもあります。
 リラックスできる手法は多種多様ですが、その中でも、唯一継続できているのは、アロマセラピーと気功です。どちらも身体のバランスを取る方法であり、共通していることは不要な物(自身にとって嫌なことなど)を身体から出して、必要なエネルギーを取り入れるということです。
 アロマセラピーは植物がもつ香りのパワーを活用してリラックスだけではなく、ホリスティックな視点から、生体リズムの調整や循環をよくするなどの効果が期待できます。
 また、気功は天と地からの恵みを頂いていることを認識し、気の流れを調整することで気持ちが安定してきます。これらのことを実践し、授業にも取り入れております。

Q.  本学の学生や、これから本学で学ぼうとしている高校生に一言お願いします。

A.  私の経験値からの一言は、「ひとは野に咲く花のように儚い存在」ですが、「可能性という大きな強みを持っている存在」でもあるということです。身体は多くの影響を受けています。それによっては、病気になることもたやすく、また、幸せと感じることも、健康を保つこともできます。いろんなものに左右される儚い存在だと思います。しかし、回復するすべもあり、自身で「できない」というまでは多様な可能性が残されていることを実感しています。学生の方々はこれから、人生の選択をしていかれるでしょう。是非その時をチャンスにしてください。自分の可能性は自分で繋げることができます。
 最後に93歳の女性から頂いた言葉をみなさまに送ります。
 「泣いても一日、笑っても同じ一日だよ。どうせおんなじなら笑った方がいいじゃない」。