幼児教育学科

⇒ 幼児教育学科の紹介はこちら

就職活動紹介!

2014.11.08

幼児教育学科で行っている就職支援を中心に幼稚園や保育園などの専門職内定までの流れを紹介します。

1 幼稚園(6月)・施設(7月から8月)・保育所(8月)での本実習

私立の園の場合は実習で評価され、就職受験の声を掛けられるケースも多いです。実習での頑張りが1番大切かもしれませんね!

2 私立幼稚園セミナー参加

県内の私立幼稚園の園長先生方が職場の現状や、就職時の悩み相談などにお答えしてくれます。幼稚園の現場で働く先生の体験談には感動と憧憬の眼差しがみられ、改めて専門職に就くことへの希望を固めた様子です。

写真1

社会人として大切なことや、現場の様子をお話し下さった郡山市内各幼稚園の先生方

学生からの質問コーナー 就職への疑問・不安を少しでも解決したいですね

学生からの質問コーナー 就職への疑問・不安を少しでも解決したいですね

3 求人情報を得る

本学では求人情報提示がとても充実しています。就職部では個々人の携帯に簡略な求人情報を流すサービスもしていますが、本学科では専門職を中心に2枚の掲示板に職種別(・幼稚園教諭・保育士・施設職員)地域別(県内・県外)に分け掲示板に求人情報を出しています。近年専門職の求人は増加の一途です。自分に合った教育・保育をしている園はどこなのかをしっかり調べ、納得いく就職先を選びましょう。「どこでも良い」では就職園や受け持つ子どもたち又、未来の自分にも失礼ですよ~。

求人票 すごい数ですよ。でも求人数の多さに安心するのはちょっと待って!1つ1つ真剣にチェックすると、自分の理想に近い園はそんなに多くあるわけではありません。

求人票 すごい数ですよ。でも求人数の多さに安心するのはちょっと待って!1つ1つ真剣にチェックすると、自分の理想に近い園はそんなに多くあるわけではありません

4 求人先は就職部や学科の就職資料室でチェック!

担当の先生や就職部に相談しましょう。出来れば園の見学に行きましょう。最後は自分の目で確かめるのが一番です。(大抵の園では見学や説明会を実施しています)

先輩の受験報告書は人気の資料です

先輩の受験報告書は人気の資料です

 

5 受験先を決めたら求人票にある提出物の申し込み(卒業見込み・資格見込み・健康診断・成績証明など)

履歴書は各自書いて下さい。まず自分で書いてみて先生方にアドバイスしてもらいましょう。面接の質問内容は履歴書を中心に出されることが多いですよ。全部そろったら受験先に郵送します。

 

6 試験内容対策

ピアノ・絵本読み聞かせ・作文・手遊び・絵画・身体表現・面接などは専門の先生にいつでも手ほどきが受けられますのでしっかり練習しましょう。面接練習も積極的に!自分では出来ると思っていてもいざやってみると、答えがまとまっていなかったり姿勢や表情で損をしている人が多いのも事実です。

専門職の面接では笑顔が大事です

専門職の面接では笑顔が大事です

姿勢の美しさも大切なポイントですよ~

姿勢の美しさも大切なポイントですよ

7 いよいよ受験。みんな頑張れ!