幼児教育学科

⇒ 幼児教育学科の紹介はこちら

2年生 施設実習終了!♪幼児教育学科No.33♪

2016.09.05

猛暑、酷暑といわれた今年の夏のさなか、施設実習が行われました。実習にのぞんだ学生の数は延べ145名。116名の学生が11日間(中1日休日)、29名の学生が11日×2回=22日間の施設実習を、無事に終えることができました\(^o^)/**

トップバッターの1班は6月末から、最終の5班の終了日は9月1日までと、長期にわたる実習期間の中で、学校での講義では学べないこと、幼稚園や保育所の実習では体験できないことを通して、大きく成長して帰ってきました。保育実習の中に含まれる「施設実習」は、小学生~高校生の生活する「児童養護施設」や、成人で障がいをもつ方々が生活する「障害者支援施設」などさまざまな施設で実習を行います。日常生活では深く関わることのない方々と生活をともにすることを通して、学生たちの視野は大きく広がり、思いやりや優しさに加えたくましさを身につけて大学に戻ってきます。

施設実習で出会った子ども達や利用者の方々、またお世話になったスタッフの皆様から頂いた宝物を胸にひめ、残された学生生活を充実させるとともに、素敵な社会人を目指していって下さい。1

2

実習期間中、毎日格闘した汗と涙の結晶である「実習日誌」を手に、成長した笑顔の学生。お世話になった実習先の施設から、「実習中の評価(成績)」を添えて、ぞくぞくと返送されてくる「実習日誌」。スタッフの方々からの貴重なアドバイスも書かれてあり、就職してからは参考書として役立つことでしょう。

3