幼児教育学科

⇒ 幼児教育学科の紹介はこちら

平成25年度卒業研究発表会(論文部門)

2014.01.09

 平成25年12月25日の午前に、幼児教育学科卒業研究発表会(論文部門)が実施されました。

 「幼児のあそびについて~積み木・伝承あそびを中心に~」「ドールハウスの製作について“木の素材の良さに着目して”」「児童虐待について」「盲導犬について」「大学生の恋愛イメージと恋愛態度や友人関係、本来感との関係について」など、さまざまな調査や研究を口頭発表しました。


1.発表者の学生が説明している様子


2.会場からするどい質問も…

 その中でも「結婚と出産による保育者のキャリア形成」というテーマの発表は大きな反響がありました。

 保育者への調査により、「勤務後約6年で結婚している人が多い」「配偶者の理解がある場合は結婚が仕事に肯定的、不十分な場合は否定的な影響を与える」「9割が子どもを産みたいと考えているが、仕事の継続を希望する者は約半数、そのうち8割以上が仕事との両立に不安を感じている」などの実態が発表され、学生たちも特に関心をもって聞いていました。


3.口頭発表「結婚と出産にみる保育者のキャリア形成」
 
どの発表も、授業や実習の合間をぬって一生懸命に努力を重ねてきた成果です。
1月下旬の卒業論文提出を目指して、ラストスパートをかけます!!