幼児教育学科

⇒ 幼児教育学科の紹介はこちら

施設実習第1班の学生が帰ってきました!

2012.07.14

7月1日から保育所実習Ⅰ(施設)に行っていた学生が大学に戻ってきました。みんな施設での実習では初めてでしたが、貴重な学びの体験を経て、ひとまわり成長したようです。以下に学生の声を紹介します。
 「10日間泊まりでの実習は大変でしたが、最後は施設の子どもたちと分かれるのが本当につらかったです。」
「実習を通して、障害に対する偏見が完全になくなりました。」
「一言に支援といっても多様な形があり、一人一人の利用者に合った支援の形を探してくことの重要性を知りました」
「なかなか自分の側によって来てくれない子に対してどのように関わっていくかが難しかったですが、少しでもミュニケーションがとれるように努力しました。」
 現在は、第2班の学生が実習に行っており、8月13日に第4班が終了するまで実習期間が続きます。実習を通じて社会的養護についての理解を深め、高い専門性をもった保育者になることを目指します!