文化学科

⇒ 文化学科の紹介はこちら

文化学科学芸員課程では、毎年2年生が博物館における展示実習の一環として、本学記念講堂ギャラリーにおいて学内展示を実施しています。 今年度は「わく土器ごりらんど-発掘ガール2016-」と題して、文化学科及び専攻科が行っている考古学発掘調査の状況と成果を報告する展示を企画しま... 詳細を見る

文化学科では授業科目「地域文化論Ⅰ・Ⅱ」で、毎年秋に外部講師をお招きし、地域の歴史と文化に関する公開講座を実施しています。 今年、郡山市と猪苗代町が提案した、猪苗代湖・安積疏水・安積開拓を結ぶストーリー「未来を開いた一本の水路-大久保利通“最後の夢”と開拓者の軌跡郡山・猪... 詳細を見る

会津若松市歴史資料センター(まなべこ)において「発掘ガール笹山原遺跡の調査」展が始まりました。 開催初日の6月11日(土)には、會田先生の講演「発掘ガール笹山原遺跡発掘16年」も行われ、約30名の来場者が熱心に耳を傾けてくださいました。 講演会の後は専攻科1年生によるギャラリ... 詳細を見る

文化学科学芸員課程では「博物館実習」の授業において、実践的な展示実習として、このたび会津若松市教育委員会と共催で「発掘ガール笹山原遺跡の調査」展を開催することになりました。 昨年度は福島県文化財センター白河館(まほろん)において「コラボ展まほろん&発掘ガール」展を、一... 詳細を見る

今年度の発掘調査は、5月24日(火)に無事終了しました。 たくさんの皆さまにご協力いただきまして、ありがとうございました。 今日は、発掘折り返し日の恒例となっているバーベキューパーティーの様子をお届けします。 宿舎のテラスでバーベキューパーティー 夕闇の猪苗代湖を見ながらデ... 詳細を見る

5月22日(日)晴れ 笹山原にドローン登場。 空撮のためにドローンを持って来てくれました。 飛ばしてもらい、空から見た笹山原、猪苗代湖、磐梯山、赤井谷地。 もったいなくてここでは紹介しません。 今後、会津若松市歴史資料センターまなべこの「発掘ガールの笹山原調査」で公開予定で... 詳細を見る

5月21日(土)晴れ 文化学科学生、東北大学学生のほかに附属高校生16名、学法石川高校考古学研究部生徒6名が加わり、発掘現場はまるで潮干狩りのよう。 今年は高校生も石器をいっぱい掘ることができました。 にぎやかな現場 今年の附属高校生の体験発掘は大当たり。 石斧を掘った生徒もい... 詳細を見る

5月19日(木)晴れ 石器発見! 黒曜石の台形石器を発見。 この石器はどこからやってきたのでしょう? 会津にはない石材です。 隠れた才能 学生作 デスマスクではありません。 公民館で疲れて寝てしまった會田先生です。 こんなに発掘は進みました。 Tweet 詳細を見る

5月18日(水)晴れ。 平安時代の竪穴住居調査中。 竪穴住居の様子 今回の調査では平安時代の竪穴住居を発掘しています。 その住居がおもしろいのです。 中に焼土、炭化物、土師器(はじき)がたくさん埋まっているのがわかりました。 なぜ、そんなものが住居の中にあるのか? それは住居... 詳細を見る

5月17日(火)天気予報通り雨。 雨の日は休憩所に使用させていただいている笹山原公民館で待機。 夕方ちょっとだけ調査ができましたが、本日は発掘現場に郡山女子大学短期大学部の旗はあがりませんでした。 雨の発掘現場今日の夕食はカレーでした 明日はお天気も良くなるようです。 今日... 詳細を見る

« 以前の投稿