文化学科

⇒ 文化学科の紹介はこちら

地域文化論公開講座のお知らせ

2015.11.11

 文化学科の必修科目「地域文化論」では、毎年秋に外部講師による公開講座を開催しています。
 本年度は、只見町に居住し、ブナ原生林など、町内の自然保護活動に従事している新国勇先生をお招きすることになりました。
 国内のブナ原生林は、世界遺産・白神山地が有名です。ほかに、新潟・山形両県にまたがる朝日山地、新潟県十日町の美人林などがあります。多雪が育んだ只見町のブナ原生林もその規模や原生度において国内有数といわれています、只見町は平成19年(2007)に「只見町ブナセンター」を設立し、自然環境の保護に取り組んでいます。昨年には、ユネスコの認定制度「只見町ユネスコエコパーク」に登録されました。
 只見町は絶滅危惧種とされる動植物の宝庫です。奥会津森林生態系保護地域に指定された只見町は、今も豊かな自然と人々の暮らしが共存しています、
 どうぞこの機会に只見町の歴史と文化をご堪能ください。

  【平成27年度 文化学科地域文化論公開講座】
1、日時 平成27年11月28日(土)13:30~15:00
2、場所 創学館2階 521教室
3、講師 只見町ブナセンター運営委員会 委員長 新国勇先生
4、演題 「文化のチカラで町おこし -只見町のブナと生きる町づくり-」

DSC_6662