文化学科

⇒ 文化学科の紹介はこちら

文化学科「地域文化論現地研修会」報告

2012.11.19

小峰城石垣の様子

小峰城石垣の様子


短大・文化学科2年生は、11月1日(木)必修科目「地域文化論」の現地研修会を実施しました。
今年度2回目の現地研修会は、白河市小峰城石垣修復の見学、昨年度新しく開館した白河市立図書館の見学、須賀川市立博物館特別展「震災を乗り越えた資料たち」の見学をおこないました。
小峰城の石垣は、東日本大震災により10か所崩落しました。崩落した石材はおよそ2700石。1石ずつ番号を付し、計測と加工の特徴の観察、江戸時代以来のものか昭和の修復時に追加した石材かの判別をおこない、カルテを作成しています。
現場で目にした崩落の様子は想像以上でしたが、地道な作業をまじかで見ることができて、文化財修復の重要性を感じることができました。
白河市教育委員会では、今後も修復の様子を折に触れて公開していくそうです。
私たちも修復の経過を見守っていきたいと思います。