健康栄養学科

⇒ 家政科 食物栄養専攻の紹介はこちら

福島県牛乳普及協会が主催する「牛乳・乳製品利用料理コンクール福島県大会」は、牛乳・乳製品の利用と消費の拡大を目指した特別事業として毎年開催され、今年で38回目を迎えます。 平成29年度牛乳・乳製品利用料理コンクール福島県大会は、2次審査(実技審査および試食)が10月17日(火... 詳細を見る

福島県が主催する「健康長寿いきいき県民フェスティバル2017」が、平成29年10月22日(日)、ビッグパレットふくしまで開催されました。この催しは、住民主体の介護予防を活性化させ広く県民に普及啓発するため、住民自身が運営する体操等の通いの場や町内会における社会参加活動等の先駆... 詳細を見る

一般社団法人地域健康社会研究所が主催する、第4回全国病院レシピコンテスト(低カロリースイーツ部門)に応募しました。全国から総計86作品の応募があり、審査の結果、「焼き菓子ジャンル学生部門」で本短期大学部家政科食物栄養専攻2年、松本玖美さんの『野菜しっとりケーキ』が準グラ... 詳細を見る

今年6月に葛尾村浜井場の女子大農場に植えた「オヤマボクチ」の苗が大きく成長し、10月14日(土)に収穫調査を行いました。 「オヤマボクチ」は「ごんぼっぱ」とも言い、葛尾村特産の「凍みもち」の原料です。葛尾村では、以前は山から野生の「オヤマボクチ」を採取し、「凍みもち」の材... 詳細を見る

9月4日(月)~6日(水)の三日間、家政科食物栄養専攻の学生(のべ19名)が葛尾村立葛尾小学校を訪問し、いっしょに給食をいただきながら、食育活動を行っています。 2日目となる5日は、児童9名を対象に食べ物の切断面はどうなっているかを掲示板掲示物に表現した「なかはどうなってるの... 詳細を見る

9月4日(月)~6日(水)の三日間、家政科食物栄養専攻の学生(のべ19名)が葛尾村立葛尾小学校を訪問し、いっしょに給食をいただきながら、食育活動を行います。4日は、児童9名と葛尾中学校の生徒14名を対象に「この花、何の野菜?」のクイズを行いました。トマト、キュウリ、ナスなど身... 詳細を見る

第2回葛尾村盆踊りが平成29年8月14日(月)葛尾村みどり荘前広場で行われ、短大食栄1・2年生の11名が参加しました。学生は、葛尾村特産の凍み餅を使ったアレンジ料理等を創作し、盆踊り会場に開設しためばえ食堂で、盆踊りの来場者に販売しました。 メニューは、しみスティック しみちゃ... 詳細を見る

栄養指導論実習Ⅰの授業で、短大食物栄養専攻2年生は栄養指導の媒体のひとつとして壁掲示物を作成しました。 ひとつめは、その月らしさを感じる折り紙を使った掲示物。折り紙は、提供するお食事のお膳に添えることでその時期・季節・行事なども表現できます。年代を問わず、お食事を食べ... 詳細を見る

学科では附属幼稚園のおともだちに、おいしいおきゅうしょくを提供しています。 今年は6月13日(火)から始まりました。 短大食栄2年生の給食論実習Ⅱの授業では、集団給食を学んでいます。これまでの学習成果を発揮し6月は幼児のお食事提供です。1回目の6月13日(火)は、”うさぎさ... 詳細を見る

平成29年5月12日(金)、連携協定を結ぶJA福島さくらさまのご協力により、三穂田町の田んぼで田植え体験をしました。 昨年は附属高等学校食物科のみなさんが田植えから稲刈りを体験しましたが、今年は本学科もこれに加わりました。附属幼稚園の園児のみなさんもいっしょに、総出で田植え... 詳細を見る

« 以前の投稿