健康栄養学科

⇒ 家政科 食物栄養専攻の紹介はこちら

郡山女子大学短期大学部・公益社団法人日本フードスペシャリスト協会共催平成29年度公開講座父と子の料理教室『ホームメイド★キッズ』~さかなと野菜のクッキングライブ~を開催します。 良質で安心・安全な福島産の魚と野菜を使って「スペシャルメニューを作りましょう!」。 本講座は、... 詳細を見る

短大家政科食物栄養専攻では、日本財団・日本さばけるプロジェクト実行委員会主催の「海と日本さばける塾inふくしま」を開催しました。料理教室は平成29年11月19日(日)当大学調理学実習室で行い、親子10組(保護者14名・子ども15名)と食物栄養専攻学生12名がボランティアとして参加し... 詳細を見る

(公社)福島県栄養士会県南支部主催の職場見学会が11月4日(土)に開催され、短大食物栄養専攻1年生13名が参加しました。見学場所は、星総合病院です。AM10時から病院の沿革や理念、ネットワークについてDVDやスライドを使って説明がありました。11時からは、院内を見学しました。この見... 詳細を見る

家政科食物栄養専攻の学生が考案したお弁当「三色おむすびおかずセット」が12月2日(土)と3日(日)に郡山市日和田町のイオン郡山フェスタ店で販売されました。昨年に引き続き2回目のイオンとの共同開発で、お弁当サークル“めばえ食堂”の学生が検討を重ねてきました。当日は1年生の... 詳細を見る

家政科食物栄養専攻の学生6名が、福島県主催の「食の安全・安心アカデミーシンポジウム」に参加しました。 シンポジウムは、11月3日(文化の日)に郡山市の郡山商工会議所大ホールで開かれ、大勢の市民等が集まりました。 長崎大学原爆後障害医療研究所の高村教授が「福島の復興と食... 詳細を見る

福島県牛乳普及協会が主催する「牛乳・乳製品利用料理コンクール福島県大会」は、牛乳・乳製品の利用と消費の拡大を目指した特別事業として毎年開催され、今年で38回目を迎えます。 平成29年度牛乳・乳製品利用料理コンクール福島県大会は、2次審査(実技審査および試食)が10月17日(火... 詳細を見る

福島県が主催する「健康長寿いきいき県民フェスティバル2017」が、平成29年10月22日(日)、ビッグパレットふくしまで開催されました。この催しは、住民主体の介護予防を活性化させ広く県民に普及啓発するため、住民自身が運営する体操等の通いの場や町内会における社会参加活動等の先駆... 詳細を見る

一般社団法人地域健康社会研究所が主催する、第4回全国病院レシピコンテスト(低カロリースイーツ部門)に応募しました。全国から総計86作品の応募があり、審査の結果、「焼き菓子ジャンル学生部門」で本短期大学部家政科食物栄養専攻2年、松本玖美さんの『野菜しっとりケーキ』が準グラ... 詳細を見る

今年6月に葛尾村浜井場の女子大農場に植えた「オヤマボクチ」の苗が大きく成長し、10月14日(土)に収穫調査を行いました。 「オヤマボクチ」は「ごんぼっぱ」とも言い、葛尾村特産の「凍みもち」の原料です。葛尾村では、以前は山から野生の「オヤマボクチ」を採取し、「凍みもち」の材... 詳細を見る

9月4日(月)~6日(水)の三日間、家政科食物栄養専攻の学生(のべ19名)が葛尾村立葛尾小学校を訪問し、いっしょに給食をいただきながら、食育活動を行っています。 2日目となる5日は、児童9名を対象に食べ物の切断面はどうなっているかを掲示板掲示物に表現した「なかはどうなってるの... 詳細を見る

« 以前の投稿