健康栄養学科

家政科食物栄養専攻 卒業研究発表会を行いました。

2016.02.02

家政科食物栄養専攻2年生50名による、卒業研究発表会が2月1日(月)12:50から、創学館521教室で行われました。
この発表会は、2年生の4月からの授業「卒業研究」の総まとめとなります。9研究室20テーマについて発表が行われ、フロアからの質問に活発にディスカッションする場面も見られました。限られた時間の中で、1年間の研究の総まとめを発表する難しさはあったと思いますが、学生はみな、緊張しながらも研究成果を堂々と発表しました。

食品衛生学研究室「乳酸菌を調理食品に利用できるか?-酸・塩・冷凍ストレス試験-」より

食品衛生学研究室「乳酸菌を調理食品に利用できるか?-酸・塩・冷凍ストレス試験-」より

 自由な発想を!

 自由な発想を!

最後に主任の坂上先生から、『根拠を大切にすること、論理的・科学的に考えること、そして、固定観念にとらわれず若い人ならではの自由な発想を大切にしてほしい』との講評がありました。

発表会には、食物栄養専攻の1年生のほか、学内の先生方や附属高等学校の生徒のみなさんが発表会に来聴してくれました。附属高等学校食物科の3年生からはフラワーアレンジメントをいただきました。
ありがとうございました。
3月7日には、学生の研究成果をおさめた「CREATION28」が発刊されます。