家政科 食物栄養専攻

⇒ 家政科 食物栄養専攻の紹介はこちら

体験学習”稲刈り” 田んぼの学校 短大食栄

2016.10.21

5月に植えたイネの苗が成長し、稲刈りの時を迎えました!
卒業研究の授業項目として体験学習を行っています。実りの秋を迎えて、私たちが田植した苗も刈入れの時となりました。平成28年10月6日(木)、家政科食物栄養専攻2年生は福島県農業総合センターでの田んぼの学校を経験し、稲刈りを行いました。

福島県の推奨品種、うるち米の”天のつぶ”。それと、もち米の”こがねもち”の収穫をしました。
カマの使い方、束ね方を教わった後、さっそく稲刈りに挑戦、です!

一列に並んで、始めます! こちらは”天のつぶ”

一列に並んで、始めます! こちらは”天のつぶ”

こちらは もち米”こがねもち”の田んぼです。

こちらは もち米”こがねもち”の田んぼです。

カエルやバッタに黄色い声を上げながらも、稲刈りは進みます。

カエルやバッタに黄色い声を上げながらも、稲刈りは進みます。

”はせがけ”をします。 90度に向きを変えて・・・。日が当たるように・・・。

”はせがけ”をします。
90度に向きを変えて・・・。日が当たるように・・・。

そして、田んぼはあっという間に刈取りが終わりました!! 落穂も集めて束に入れました!

そして、田んぼはあっという間に刈取りが終わりました!! 落穂も集めて束に入れました!

田植からこれまではセンターの方々が、田の水の管理、田の草取り、施肥、ネット掛け…さまざまなお世話をしてくださり、今日の日を迎えることができました。
豊穣を実感して、毎日食べているごはんのありがたさをまたさらに、実感した私たちです。
次回の体験学習は、収穫したお米の食味試験、です!