家政科 食物栄養専攻

⇒ 家政科 食物栄養専攻の紹介はこちら

いちごジャム作り:農産物の加工実習♪ 短大食栄

2017.05.11

短大食栄1年生は、給食論実習Ⅰの授業で農産物の収穫(いちご摘み)と農産物の加工(いちごジャム作り)を行いました。

大学が連携協定を結ぶJA福島さくらさんから片平町の小林正一郎さんのいちごハウスをご紹介いただき、短大食栄1年生53人が4月17日と19日の2回に分けていちご摘みの体験をしました。
今が旬の大きな甘いいちごがなるハウス一棟まるごと摘み放題です! 初めてのいちご摘みだという学生もいて、持参した箱いっぱいに真っ赤ないちごを、ジャム用には小粒のものを箱に収穫し、大きないちごはその場で口に入れながら、心いくまで収穫を体験しました。

箱に収穫したいちごは学校に持ち帰り、すぐジャムに加工しました。摘みたてのいちごにお砂糖とレモン汁を加え、鍋で煮詰めると、あまぁ~い手作りいちごジャムの出来上がりです。これを煮沸して消毒したガラスビンに詰め、フタをしっかり締めて、ラベルも貼って、家政科食物栄養専攻オリジナルのいちごジャム(びん詰め)が完成です。さあ、冷蔵庫で冷やして、いただきます!

今度は家でも作ってみようかな!