人間生活学科

⇒ 人間生活学科の紹介はこちら

第30回の社会福祉士国家試験まで90日を切りました。卒業研究発表会が終わり、今度は国家試験の勉強が本格化します。 11月2日(木)人間生活学科福祉コース4年生6名、3年生3名が社会福祉士国家試験全国統一模擬試験を受験しました。午前は共通科目、午後は専門科目です。科目数... 詳細を見る

人間生活学科建築デザインコースの建築物見学会二日目をリポート。 初日とうってかわって晴れ間がのぞく空模様の二日目。まずは、今回の見学先の二つ目のメインである兼六園を見学。日本三名園の一つの兼六園では、日本庭園の美しさを凝縮した景色を体感しました。また、隣接する成巽閣で... 詳細を見る

人間生活学科建築デザインコースでは、10月12~13日の二日間にかけて建築物見学会を開催しました。 これは、古建築から現代建築まで、自身の目で見て、触れ、体験することで、建築の特徴やその技術などを学修することを目的に毎年開催しているものです。昨年は長野県松本市・長野市でした... 詳細を見る

建築デザインコースの授業風景を紹介する第4弾! 今回は、四年間の集大成を飾る卒業設計について紹介します。今年は、地域の活性化を目的に葛尾村をフィールドとして設計課題に取り組む学生がいます。 設計の第一歩は現地調査から始まります。葛尾村の現状を把握するため、フィールド調... 詳細を見る

学生は3年時から人間生活学科内の指導教員に付き、それぞれの卒業研究テーマについて調査研究に取り組んできました。学生は自ら研究テーマを設定し、そのテーマについて広い視野から探求するなかで多くの課題を見出します。そこから柔軟な総合的な判断を持つことで、課題に対しての解決... 詳細を見る

第71回もみじ会が10月7日・8日に開催され、盛況のうちに終えることができました。 建築デザインコースでは、「自然と暮らす―ふくしまの木と触れ合おう―」をテーマに、福島県内の木造公共建築物を紹介し、木材の長所や短所、科学的効果等についてのパネルと「木造の理想住宅」を提案した設... 詳細を見る

夏から秋にかけての時期は、普段お世話になっている特別養護老人ホームをはじめ、地域の社会福祉施設でお祭りが行われます。 福祉コースの学生たちは、ボランティアとして積極的に参加しています。 お手伝いの内容は、利用者さんの軽介助、会場設営、模擬店などの運営補助等です。 会場で... 詳細を見る

生活総合コースでは、夏休みを利用して学外研修を実施しています。学外研修はさまざまな現場で見たり聞いたりすることで、授業内容をより充実させ生活をより深く幅広く考える機会としています。 今年は、東京都庁と株式会社花王を見学してきました。 東京都庁は、本学の記念講堂を手掛け... 詳細を見る

10月7日・8日第71回もみじ会が開催されました。生活総合コースでは、「地域の伝統織物から模様・柄の再発見~会津木綿、江戸小紋を通して~」をテーマに、パネル発表、絞染め体験、会津木綿や小紋を利用したくるみボタン、ポストカード、ストラップ作り、などの体験コーナーを設定し... 詳細を見る

人間生活学科主催第5回市民講座「暮らしの1ページ」が開催されました。 人間生活学科は、生活領域を専門的に学ぶ、生活総合、福祉、建築デザインコースの3コースがあります。それぞれのコースに所属する教員が多岐に渡った研究を行っています。今回は、それぞれの分野で活躍している3... 詳細を見る

« 以前の投稿