人間生活学科

⇒ 人間生活学科の紹介はこちら

人間生活学科(生活・福祉・建築)建築①_建築デザインコースで設計課題講評会を実施

2016.06.01

人間生活学科建築デザインコースの授業風景を紹介する第一弾!
今回は設計製図Ⅲ(3年生)の講評会に潜入してきました。設計製図の授業において設計課題を提出する際は、学生が一人ずつプレゼンテーションを行います。その発表に対して学生や教員が質問したり意見を述べたりするのが講評会です。
 今回の課題は「女性が考える理想の住宅」。女性の視点も学生によって様々で、家事や子育てなど自分が母になった場合を考える学生がいれば、子どもからおばあちゃんまで世代を越えて住みやすい家を造ろうとする学生もいました。住宅に求める「理想」は、学生ごとに異なり、自分自身の生活環境や経験した人生観が設計した建物に表れているようでした。
 卒業後は「理想の住宅」を実際に建ててくださいね!

設計製図Ⅲ(3年生)講評会

設計製図Ⅲ(3年生)講評会


課題「女性が考える理想の住宅」について発表

課題「女性が考える理想の住宅」について発表


自分で考えたコンセプトを伝えるプレゼンが重要

自分で考えたコンセプトを伝えるプレゼンが重要


発表した作品について学生や教員が議論

発表した作品について学生や教員が議論


提出作品1 模型やパースを使って内部空間を表現

提出作品1 模型やパースを使って内部空間を表現


提出作品2 パネルの見せ方も評価項目の一つ

提出作品2 パネルの見せ方も評価項目の一つ