人間生活学科

⇒ 人間生活学科の紹介はこちら

人間生活学科(生活・福祉・建築)建築① 大講堂で建築を学修

2017.05.31

 人間生活学科建築デザインコースでは、建築士養成のために様々な授業があります。今回は、建物を設計する上で基礎的な知識を学ぶ「建築計画Ⅱ」の授業を覗いてみました。
 「建築計画」の授業は、住宅や商業施設、公共施設などの基本的な設計計画を学修するものです。今回は、劇場計画を学ぶために大学内にある「大講堂」を使って授業が行われました。
 劇場には、オーケストラピットやフライズ、楽屋など専用施設が数多くあり、座席の大きさや通路幅、客席の傾斜やトイレの数などに基準があります。学生は、普段入れない施設内部を見学し、座席や通路、ステージの距離による見え方の相違などを実際に測って、計画基準を満たしているのか確認しました。スケール感を養うには実物を見て、測ってみるのが最も重要なことです。こんなに広い講堂を使って授業が出来るのも本学ならではではないでしょうか!
 建築デザインコースには、他にも特色のある授業がたくさんあります。次回もご期待ください。

1,800席もある本学の大講堂

座席数に応じて便器の数に基準があります。普段入らない場所で興味津々

座席の幅にも基準があります。講堂の座席は満たしているのかな。

ステージ上には劇場空間ならではの施設が!