人間生活学科

⇒ 人間生活学科の紹介はこちら

人間生活学科(生活・福祉・建築)建築⑪ 建築物見学会in金沢&五箇山1

2017.11.06

人間生活学科建築デザインコースでは、10月12~13日の二日間にかけて建築物見学会を開催しました。
これは、古建築から現代建築まで、自身の目で見て、触れ、体験することで、建築の特徴やその技術などを学修することを目的に毎年開催しているものです。昨年は長野県松本市・長野市でしたが、今年は少し足を延ばして金沢と五箇山の建築物を見学してきました。
初日は、肌寒い季節にかわり、あいにくの雨模様。しかし、バスから降りたつとそこには金沢21世紀美術館のアート空間。人が集い、行き交う新たな美術館を提案した建物をじっくりと見学し、芸術の町を堪能しました。3年生は現在美術館の設計課題に取り組んでおり、とても参考になったのではないでしょうか。
また通称忍者寺と呼ばれる妙立寺では、様々な仕掛けを施した建物を見学し、案内の方の素晴らしい説明と奇想天外な仕掛けとからくりに学生も思わず声を出しながら見入っていました。
他にも、近世の町並みを残すひがし茶屋街や主計町、世界で最も美しい駅舎の一つに選ばれた金沢駅を見学し、雨を感じさせない充実した見学初日となりました。

内外を一体的に捉えた金沢21世紀美術館 人を笑顔にする展示に学生も興味津々
 
 
 
最も有名な展示「スイミング・プール」 美術館という建築の魅力で町が活性化していることを実感
 
 
 
ひがし茶屋街では町家が並ぶ景観を見学 通称忍者寺の妙立寺では様々な仕掛けを体感