生活芸術科

⇒ 生活芸術科の紹介はこちら

生活芸術科_ハプニング!!

2013.06.28

■「コゲラ」が脳しんとう!

木曜日の午前中に開講されている「グラフィックデザインⅡ」(担当 久家先生)の授業中に、教室の窓
ガラスにぶつかって脳しんとうを起こし(?)、芸術館玄関近くに落ちた野鳥の「コゲラ」(だと思う)を
生活芸術科の二年生が救助しました。

左目からは出血が見られ、足も不自然に曲がっているので骨折しているのではと心配で、代わるがわる
小鳥を見守ります。「コゲラ」は陶器製の絵皿の中で小さい体を小刻みに震わせていましたが、しばら
くして学生が紙で作った漏斗から水を飲むようになりました。

約40分後、薄く目を開けて首を動かし、少しずつ羽ばたきを始め、無事に飛び立っていきました。
学生や久家先生の祈りが通じたと、ホッとした瞬間でした。

自然豊かな「開成の杜」——
芸術館では今日も、音楽科の学生さんのフルートやピアノの音色と小鳥のさえずりが聞こえてきます。

※野鳥には素手で触らないようにしましょう。