生活芸術科

⇒ 生活芸術科の紹介はこちら

生活芸術科_葛尾村 イメキャラデザイン Vol.4

2016.02.19

プロジェクト「葛尾(かつらお)村イメージキャラクターデザイン」

【イメージキャラクターを作ろう!】
生活芸術科では昨年(H27)10月に葛尾村より、震災復興事業の一環として
「村のイメージキャラクターを制作したい」との相談を受けました。

さっそく、私たちは葛尾村の現地視察をしたり、住民の方からお話を伺ったり、
一緒にワークショップを行ったりしました。

最終的には葛尾村の住民や関係者を中心に「総選挙」で決定します。
葛尾村に合うイメージキャラクターはどんなキャラクターかな?

■2015.11.4 葛尾村イメージキャラクター案 第1回 提出締切日
今回はラフ案。私たちは最終的に23点のキャラクター案を提出しました。

IMG_0181

■2015.11.16 葛尾村イメージキャラクター案 第1回 検討会
16:00 葛尾村役場見張る出張所 第一会議室
キャラクターは総選挙の投票で決まるため制作者である私たちは検討会に参加できません。
そのため、私たちの大学からは今回のプロジェクトを村の方々と一緒に進めてきたコマツ先生と、
マツダ先生、クサノ先生の3名が検討会に参加しました。
葛尾村側からは、村内に住んでいて公募等により選任された方、副村長や総務課長、教育長、
その他村長さんが必要と認める方が検討会に参加しました。

■2015.12.4 葛尾村イメージキャラクター案 第2回 提出締切日
2回目の提出案は、第1回の検討会で修正等を求められたキャラクター案をブラッシュアップ。
それぞれのキャラクターの正面・横・後ろ姿の3つのパターンを考え、色や形、
コンセプトなどを整理して、より具体的にキャラクターイメージができるよう仕上げました。

IMG_0183

■2015.12.7 葛尾村イメージキャラクター案 第2回 検討会
16:00 葛尾村役場三春出張所 第一会議室
住民および学生から提出されたデザイン案は24案でした。

16:10 葛尾中学校の生徒と先生が参加
具体的な検討を始める前に葛尾中学校の生徒や先生が来室し、
葛尾村に対する思いやイメージキャラクターに対する意見や要望を述べてくれました。

 「葛尾村が有名になってたくさんの人が来てほしい」
 「面白くて親しみやすいキャラクターを作ってほしい」
 「明るくて元気があるキャラクターがいい」
 「イメージキャラクターがいることで、ふるさとを思い出してほしい」

また、中学生たちが話してくれた葛尾村をイメージするキーワードは次のようなものでした。
 ・凍み餅 ・自然豊か ・牛や馬 ・水がきれい ・山 ・人がやさしい

DSCF4915

DSCF4918

DSCF4920

DSCF4921

16:30  総選挙のためのキャラクター候補10点を選ぶ
検討会では、
「葛尾村に関連する人物、動物、植物、食料品などをモチーフにした親しみの持てる
 イメージキャラクターにする」、
「村外の方々に対し、葛尾村のPRが効果的にできるイメージキャラクターにする」
ことを判断基準にして、キャラクターの候補を選んでいきました。

DSCF4933

DSCF4939

DSCF4960

DSCF4942

18:10 総選挙のためのキャラクター10点が決定!
葛尾村イメージキャラクターが選抜されました。これから総選挙が始まります。
次回の検討会では村民投票の方法などについて話し合うことになりました。
(つづく)

「葛尾村イメージキャラクター総選挙」は、2月29日までです。
ぜひ選挙に参加してください!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■葛尾村イメージキャラクター総選挙  投票期間:2月1日(月)—29日(月)

・村内外を問わず、どなたでも投票できます! ※3歳以上
・葛尾村に最もふさわしいと思うキャラクターに投票をお願いします!
・郵送で投票される場合、投票期間内に必着となるよう郵送してください。
・投票箱に直接投票される場合、最終日の投票締切は15:00となります。

□お問合せ先:葛尾村イメージキャラクター検討会 事務局(葛尾村総務課復興対策係)
       TEL 0247-61-2850