Information

お知らせ

人間生活学科(生活・福祉・建築)生活⑧_12月はおいしい行事食

2017.12.27家政学部 人間生活学科

みなさん、こんにちは。人間生活学科生活総合コース3年の調理学実習では日本料理をはじめ、韓国料理、中国料理、ロシア料理、イタリア料理などを幅広く学びます。この授業では、スローフードやエコクッキングの精神を大切にしながら、調理技術を高め知識を深めています。12月はクリスマス料理、おせち料理、東西のお雑煮食べ比べと行事食が続きました。
クリスマス料理では自宅でも簡単に作ることのできる、ポトフ、鶏肉のソテー、カナッペ、クリスマスフルーツケーキにチャレンジしました。カナッペは年末年始のおもてなしに最適です。

おせち料理は1年に1度と触れる機会が少なく、また、たくさんの種類のおせちが市販されていることもあり、自分で手作りするのは初めてという学生も少なくありません。実習の前には、おせち料理の起源やおせちに使用されている食材の意味も学びました。
栗きんとんの裏ごしや野菜の大きさをそろえたりと、ひとつひとつの作業を丁寧にすすめ、一の重(祝い肴)、二の重、三の重、りんごかんを作りました。実習中は悪戦苦闘する場面も見られましたが、彩り豊かに完成しました。学生からは年末に自宅でもう一度チャレンジするという声が多く聞かれました。
年明けの授業では生チョコレート、チョコレートケーキを実習します。学生は今からとても楽しみにしています。ぜひ、みなさんもおせちやお雑煮を自宅で作り、よいお正月を迎えください。    


同じカテゴリーのお知らせ

お知らせ

INFORMATION