Department of Human Life Studies

家政学部 人間生活学科

学びのポイント

  • 生活者の視点から福祉を学修

  • 地域福祉に貢献する
    ボランティア活動

  • 多様な相談に適切に助言、
    指導できる社会福祉士を育成

  • 高度な介護知識と技術を持ち地域介護のリーダーとなる
    介護福祉士を育成

  • 福祉行政を担う人材を育成

取得できる資格・免許

■社会福祉士(受験資格)
■介護福祉士(受験資格)
■高等学校教諭(福祉・家庭)
■中学校教諭一種免許状(家庭)、社会福祉主事(任用資格)

目標とする職業

ソーシャルワーカー(社会福祉士) ケアワーカー(介護福祉士) 高等学校教諭(福祉・家庭) 中学校教諭(家庭)

OG Interview社会で輝く先輩たち
  • 社会で輝く先輩たち

    人間生活学科 建築デザインコース卒

  • 社会で輝く先輩たち

    人間生活学科 福祉コース卒

  • 社会で輝く先輩たち

    幼児教育学科卒

  • 社会で輝く先輩たち

    食物栄養学科卒

  • 社会で輝く先輩たち

    福祉情報専攻(現 地域創成学科)卒

  • 社会で輝く先輩たち

    生活芸術科(現 地域創成学科)卒

  • 社会で輝く先輩たち

    食物科 食物栄養専攻(現 健康栄養学科)卒

  • 社会で輝く先輩たち

    音楽科(現 幼児教育学科 チャイルド・ミュージックコース)卒

  • 社会で輝く先輩たち

    専攻科文化学専攻修了

Interview

在学生インタビュー

社会の一員として、人間的にも成長したい。
福祉の仕事に就くために、
積極性や責任感を持って臨みたいです。

人間生活学科 福祉コース3年

関川 眞子さん

岩手県立福岡高校出身

社会の一員として、人間的にも成長したい。
福祉の仕事に就くために、積極性や責任感を持って臨みたいです。

将来、人と人がつながり合う福祉の仕事に就きたいと思い本学に進学しました。
福祉コースは、福祉について専門知識を学び、学んだ知識を生かしながら実習する、また実習を生かしながら生活や勉強をするといった循環の中で、積極性や自覚が生まれます。社会の一員として、高齢者問題、貧困問題、地域福祉についても自分の考えを持ち、ひとり暮らしやアルバイトをすることで、人間的にも成長したいと考えています。
本学科は、先生方が学生一人ひとりにわかりやすく教えてくださり、相談にものってくれるところが魅力です。私は、介護福祉士・社会福祉士の資格を取得し、医療ソーシャルワーカーとして病院に就職したいと考えていますが、積極性や責任感を持って臨みたいと思っています。

授業の一部を
ご紹介します。

福祉コース

社会福祉士、介護福祉士資格の両方を持った福祉の専門家を育てます。

介護過程Ⅰ〜Ⅳ
  • 介護は、勘や経験に頼るものでなく、予測性を持ち、根拠が明確であることが必要です。そのため、アセスメント(情報収集し分析する)、介護計画の立案・実施・評価の方法を学びます。
  • 介護過程Ⅰ〜Ⅳ
医療的ケアⅠ〜Ⅱ
  • 2011年の法律改正により、介護福祉士の業務となった「喀痰吸引」と「経管栄養」について、チーム医療や医療倫理の必要性と同時に安全に実施するための基本的知識と実技を学んでいきます。
  • 医療的ケアⅠ〜Ⅱ
相談援助実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
  • 大学で学ぶ相談援助の理論や演習をふまえ、相談援助実習を通して、相談援助にかかわる知識と技術、職業倫理について具体的かつ実際的に理解し実践的な技術等を体得します。
  • 相談援助実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
介護実習Ⅰ-1、Ⅰ-2、Ⅱ
  • 介護サービスが提供されている施設等の現場で、大学での講義・演習を基本に利用者の方々とふれあい、さまざまな介護の実体験を通して、専門職業人としての能力形成を目指します。
  • 介護実習Ⅰ-1、Ⅰ-2、Ⅱ
生活支援技術A〜D
  • 介護を必要とする人が、食事・入浴・排泄等の生活場面で、こころと体のメカニズムをふまえ、「その人らしい生活」が送れるような介護技術を実践的な演習を繰り返して身につけていきます。
  • 生活支援技術A〜D
社会福祉援助技術論Ⅰ〜Ⅳ
  • 相談援助の諸理論やアプローチの方法を学びます。また、倫理や援助者としての態度も身につけます。そして、ソーシャルワーク専門職としての知識や技術を活用できるようにします。
  • 社会福祉援助技術論Ⅰ〜Ⅳ

福祉専門職の
リーダーを目指します。

福祉の専門科目や実習を並行して段階的に学び、体験することから、専門職としての基本が構築されます。
実習で利用者の方々に寄り添い、その方に必要なケアを考え、実際に提供して得られた達成感を、介護福祉士を目指す県内の学生間で発表することで新たな気づきとなり、成長することができます。

  • 福祉コース
  • 福祉コース

介護過程は、理論をもとに実習で実践し、授業で演習を行います。これを繰り返すことにより、専門職としての実践力を身につけます。
その集大成として毎年、福島県介護福祉士養成校連絡会主催の「介護を学ぶ学生の研究交流会」で発表します。

[専門科目] ※抜粋

1年次
衣生活概論
食生活概論
住生活概論
こころとからだのしくみA・B
社会福祉原論
介護実習Ⅰ-1
認知症の理解A・B等
生活支援技術
(2年後期まで継続)
介護の基本
(3年後期まで継続)
社会福祉援助技術論・介護過程
(3年前期まで継続)
2年次
家政学原論Ⅰ・Ⅱ
地域福祉論Ⅰ・Ⅱ
社会保障論
コミュニケーション技術A
老化の理解
老人の心理
障害の理解A・B
介護実習Ⅰ-2・Ⅱ
3年次
公的扶助論
児童福祉論
高齢者福祉論
障害者福祉論
相談援助実習Ⅰ・Ⅱ
医療的ケアⅠ
海外生活実習
卒業研究Ⅰ
相談援助演習
(4年前期まで継続)
相談援助実習指導
(4年前期まで継続)
4年次
保健医療サービス
福祉サービスの組織と経営
福祉行財政と福祉計画
人体の構造と機能
コミュニケーション技術B
相談援助演習Ⅲ
医療的ケアⅡ
卒業研究Ⅱ

お知らせ

INFORMATION