就学年数 2年

募集定員 40名

教員紹介を見る

学芸員へ、司書へ、社会教育主事へ。
地域の文化のあらたなる発見と世界へ向けての発信、そして、地域の文化をたえず創造しようとする人材を育成します。

文化学科 紹介動画

文化学科からのお知らせ

<過去の記事を見る>

主な授業内容

図書館サービス概論
図書館サービス概論

既存の図書館サービスの枠をより広げた、新たなサービスの展開を発想するために「こんなサービスがあったらいいな」をテーマに、調べ学修〜発表〜討論を行っています。

博物館実習
博物館実習

学芸員課程の総まとめとして、実践的な展示実習に取り組んでいます。その成果は、平成27年2月の福島県立博物館、平成28年1月の白河まほろんでの「発掘ガール」展として一般公開されました。

比較宗教学
比較宗教学

世界の諸宗教の歴史と考えを学ぶとともに、それぞれの特徴と異同を理解し、宗教学的な「ものの見方」を身につけます。ちなみに、トトロの性別は何でしょうか。学問は素朴な疑問の中にあります。

考古学Ⅰ
考古学Ⅰ

考古学の基本的な研究法である、層位学的研究法を講義中です。この土器とその土器と、どちらの方が古いのか。下の層位から出たものが、上の層位から出たものより古いのです。

西洋史
西洋史

1年次の「国際文化史」の基礎知識を踏まえて、2年後期で開講される「西洋史」は少人数のゼミ形式で文献講読や調べもの学習、発表と討論などを行うことで主体的に学ぶ力を養います。

美術史
美術史

日本と西洋の美術を歴史的に理解し、そこに込められた人々の願いや芸術性、時代背景を読み解きます。学内の美術品を丁寧に鑑賞し、感じたことを語り合うのも、大事な勉強です。

取得できる資格・免許

  • 図書館司書

    文化学科では2年間で4年制大学と同じように図書館で働くのに必要な司書の資格が取得できます。県市町村立の図書館、小中学校の図書室の司書として活躍できます。

  • 社会教育主事補(任用資格)

    公民館活動を中心とした生涯学習の現場で活躍するための資格です。現在の生涯学習の機会は行政側だけでなく民間が主体になるなど広く多様になっています。そんな場で必要な資格です。

  • 学芸員補(任用資格)

    博物館施設で働くために必要な資格です。短期大学の2年間での取得ですので「補」がつきますが、博物館施設で一定期間、勤務しますと学芸員になれます。解説員として活躍できます。

目標とする職業
  • 図書館司書
  • 博物館などの学芸員
  • 公民館などの社会教育主事

専門科目

  • 日本文化史
  • 国際文化史
  • 美学
  • 民俗学Ⅰ
  • 民俗学Ⅱ
  • 考古学Ⅰ
  • 考古学Ⅱ(発掘調査を含む)
  • 地域文化論Ⅰ
  • 地域文化論Ⅱ
  • 基礎ゼミ(研修旅行を含む)
  • 日本史
  • 西洋史
  • 美術史
  • 文化資源論
  • 宗教文化史
  • 比較宗教学
  • 文芸論
  • 芸能論
  • 生涯学習概論
  • 図書館概論
  • 博物館概論
  • 博物館情報・メディア論
  • 博物館展示論
  • 博物館教育論
  • 卒業研究

在校生の声

文化学科 2年生

神庭 佑果さん (福島県立白河旭高等学校出身)

 小学生の頃に読み聞かせや本の面白さを教えてくださった方が図書館司書だったことを知り、私も子どもたちに本の楽しさや、学習のサポートに携わりたいと思い、図書館司書の資格が取得できる本学に入学しました。
 勉強していく中で、アメリカと日本の図書館に対する考え方や利用の仕方の違いなどを学び、アメリカの図書館がとても開放的で美しかったことにとても驚きました。また、図書館という施設が、どうしたらもっと素敵な場所になるか考えさせられました。さまざまな人が利用する場所なので、利用する人にぴったりの本を提供するために必要なことや、子どもの視点で考え、サポートするために必要なことをもっと深く勉強していきたいと考えています。そして卒業後は、子どもたちに夢を与えたり、地域の人の役に立つような図書館司書になりたいと思います。

WEEK SCHEDULE
WEEK SCHEDULE

Message From OG

OG

仲澤 沙也果さん 
〈平成23年度 文化学科卒業、平成25年度 専攻科文化学専攻修了〉

郡山市立開成小学校 勤務

中学時代に出会った本から感じた物語に引きこまれる感覚や読破した達成感を多くの人に伝えたい。そう思い司書を目指しました。現在は、学校司書として図書の貸出や選書、室内の展示、図書館だよりの発行、イベントの企画などをしています。特に選書は、子どもたちの興味、理解、学習内容などを総体的にふまえた複雑な作業ですが、「おもしろかったよ」「早く続きが読みたい」という子どもたちからの声が何よりの励みになっています。
 学校司書の仕事に活かされているのは、図書館司書課程で専門知識を学んだこと。その知識を活かし、読書をサポートする図書室だけでなく、学習をサポートする図書室にしていきたいと思っています。