郡山女子大学短期大学部/家政科

福祉情報専攻

【就学年数】2年 【募集定員】40名

家政学を基盤として感性を磨き、
今求められている福祉・情報の知識と技術を学びます。

家政科福祉情報専攻からのお知らせ

<過去の記事を見る>

主な授業内容

生活を科学する家政学

幅広い教養とより高い家事能力を併せ持った社会人を養成するために、生活援助の基礎を学ぶ上でも重要な家政科目を開講しています。

服飾手芸
服飾手芸

生活を彩る手芸作品の制作を通して、基礎的な手芸技術を学び、さらに福祉の現場で手芸の指導ができる能力を養います。

調理実習
調理実習

生命を維持し、安全で安心な食生活を営むための知識や技術を学びます。日常食・行事食・介護食など幅広く実習します。

栄養学

健康と栄養の関係、健康の維持増進、疾病の予防治療のための栄養と食生活について学びます。

染色実習
染色実習

ステンシル、型染、絞り染などの技術を学び、美的感覚やデザイン構成力を養うとともに、生活を彩るさまざまな作品を制作します。

福祉の心と技を学ぶ

訪問介護員に必要な専門的な知識と技術を学びます。

介護実習
介護技術

こころとからだのしくみを理解し、自立に向けた基本的な介護技術を学びます。

カウンセリング演習

ロールプレイや事例、体験的なワークショップなどの技法を用いて、カウンセリングの基本的な技術と理論を学びます。

インターンシップ(福祉)
インターンシップ(福祉)

2年生の9月に5日間、養護学校で福祉の職場体験をし、実践力を身につけます。

手話
手話

様々な職種で生かせる自己紹介・日常会話などの手話表現を、楽しく学びます。

情報社会を生きる力

情報化社会の中で安心・安全に生活する知恵とビジネスの実践に役立つ知識と技術を学びます。
基礎から学習を始めますのでパソコンの経験が無くても心配いりません。

情報倫理

情報社会の中で安心・安全に生活できるように「情報モラル」「情報セキュリティ」「情報に関連する法律の知識」について学びます。

パソコン演習

文書作成ソフトと表計算ソフトを徹底して学び、ビジネスの実践に役立つスキルの習得を目指します。

情報コミュ二ケーション論

社会人として欠かすことのできないコミュニケーション能力、自己表現力を養うため、「話し方」、「書き方」等を学びます。

インターンシップ(情報)

情報関連企業において就業体験を積むことで、社会人・企業人としての意識を高め、卒業後の就職に備えます。

ビジネス力をつける

「社会人としての認識と心構え」、「社会常識とマナー」、さらに国語、社会、数学の基礎能力を学び、就職戦線に勝ち抜くチカラを養います。

  • ビジネス基礎Ⅰ・Ⅱ

    自己分析を基に、働くことの意義、話し方、立ち居振る舞い、文章の書き方等を学びます。少人数のグループワークです。

  • 基礎能力トレーニング

    社会に出る前の基礎力の最終確認と弱点の克服を目標として「日本語力」、「社会情勢に関する基礎知識」、「数的推理力」の訓練を行います。

  • ビジネスホスピタリティ

    社会人として身に付けておきたい「接遇マナー」や「ホスピタリティ」について幅広く学び、「おもてなしの心」を養います。

取得できる資格・免許

  • 中学校教諭二種免許状(家庭)

    本専攻の専門科目と教職関係科目を学ぶことによって得られる資格です。本専攻では、ケアマインドを持ち、情報スキルを身につけた中学校家庭教員の養成を目指しています。

  • 社会福祉主事(任用資格)

    社会福祉主事とは、福祉事務所などで働く者に要求される資格(任用資格)であり、社会福祉施設職員等の資格に準用されています。本専攻を卒業することによって自動的に得られる資格です。

  • 介護職員初任者研修課程修了証

    高齢者や障がい者など、介護が必要な人の身体介護や家事援助など生活全般の支援を行うことのできる公的資格です。卒業後、実務経験3年と基礎研修を受けることで、介護福祉士の受験資格が得られます。

  • 情報処理士

    情報処理の基礎知識と技術の習得に加えて、情報リテラシー(情報セキュリティ、情報倫理など)を学び、ビジネスの現場で必要とされる情報処理能力を身につけた人物であることを証明するもので、営業、経理、事務、オペレーター、教師など幅広い職種で活躍できる資格です。

目標とする職業
  • 介護員(生活相談員を含む)
  • 中学校教諭(家庭)
  • 一般事務職(銀行員・医療事務など)
  • サービス業(販売員・ホテル業など)

専門科目

家政学系科目

家政
  • 家政学原論
  • 家族関係学
  • 家庭経営学
衣・食・住
  • 被服学概論
  • 染色実習
  • 食物学概論
  • 調理学
  • 住居学
  • 被服構成実習
  • 服飾手芸
  • 栄養学
  • 調理実習
  • 福祉住環境論
保育
  • 保育学
  • 小児精神衛生

福祉・情報・ビジネス系科目

福祉
  • 生活支援技術
  • 社会福祉概論
  • 介護サービス概論
  • 介護概論
  • 医学一般
  • 介護技術
  • 手話
  • カウンセリング演習
  • 福祉インターンシップ
情報
  • パソコン演習
  • 情報処理
  • 情報倫理
  • 情報メディア論
  • コミュニケーションデザイン
  • 情報基礎学
  • 情報概論
  • 情報処理インターンシップ
ビジネス
  • ビジネス基礎
  • 人間関係論
  • 基礎能力トレーニング
  • 情報コミュニケーション論
  • ビジネスホスピタリティ

在校生の声

家政科 福祉情報専攻 2年生

酒井 夢実さん(福島県立若松商業高等学校出身)

現在、一人暮らしをしながら通学しています。実家から離れて暮らすと寂しかったり、大変なこともありますが、同時に自分が成長するためにとても良い経験が出来ているのだと前向きに考えています。本専攻で、生活の衣・食・住の様々なことを学べるので、一人暮らしに必要なことを授業から学び、実生活に反映させることで、自然に身に付けることができます。特に調理実習は、自分の偏った食生活を改善するきっかけとなり、今では、学んだことを活かし、献立を考えるのが楽しみとなりました。
 今後は、生活分野だけでなく介護や情報分野についても知識を深め、どんな職業に就いても役に立つ資格の取得を目指して、積極的に学んでいきたいと考えています。

  • 目指している免許・資格

    情報処理士、社会福祉主事任用資格、日商簿記2級、マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト検定

WEEK SCHEDULE
WEEK SCHEDULE

Message From OG

OG

瀬谷 有美子さん 〈平成16年度卒業〉

メディカル・ケア・サービス 愛の家 グループホーム勤務
介護福祉士

現在勤務している『愛の家』は、認知症高齢者と介護スタッフが共に生活している“グループホーム”です。ここは、自分で出来る事は自分でしていただき、出来ない事は出来る人がしてあげる、お互いに助け合う『家』。その中で、いかに個人を尊重し自立を促すサポートが出来るかを心掛けています。在学中は、被服や調理、ボランティア等やりたい事が出来て、毎日が本当に楽しかったのを覚えています。先生がよくおっしゃっていた『石の上にも三年』。その言葉に励まされ、念願の介護福祉士と、福祉住環境コーディネーター2級の資格を取得しました。この資格を活かして、現在は非常勤講師として、母校の後輩指導にあたっています。実際に働いてみないと分からない事、学べる事があります。学生である今しか出来ない事をたくさん吸収してください。

介護職員初任者研修

本専攻では、介護職員初任者研修のカリキュラム体制を整えております。

介護職員初任者研修
研修機関情報 法人情報

・法人名
 学校法人郡山開成学園 (創立昭和22年4月22日)

・所在地
 福島県郡山市開成三丁目25番2号

・理事長
 関口 修

・学園長
 関口 修

・設置学校
 郡山女子大学大学院
  修士課程 : 平成4年4月
  博士課程 : 平成8年4月
 郡山女子大学 昭和41年4月
  郡山女子大学短期大学部 昭和25年4月
  郡山女子大学附属高等学校 昭和32年4月
  郡山女子大学附属幼稚園 昭和30年4月

研修機関情報

・理念

【詳細ページへ】

・介護職員初任者研修実施要項

・研修施設、設備

【PDF資料】
【PDF資料】
研修事業情報 研修の概要

・対象

・研修のスケジュール(期間、日程、時間数)

・定員(集合研修、実習)と指導者数

・研修受講までの流れ(募集、申し込み)

・費用

・留意事項、特徴、受講者へのメッセージ等

【PDF資料】
課程責任者 ・課程編成責任者名
研修カリキュラム

・科目別シラバス

・科目別担当教官名

・科目別特徴

 演習の場合は、実技内容・備品、指導体制

【PDF資料】
修了評価 ・修了評価の方法、評価者、再履修等の基準
実習施設

・協力実習機関の名称・住所等☆

・協力実習機関の介護保険事業の概要☆

・協力実習機関の実習担当者名

・実習プログラム内容、プログラムの特色

・実習中の指導体制・内容(振り返り、実習指導等)

・協力実習機関における延べ人数

【PDF資料】
講師情報

・名前

・略歴、現職、資格

【PDF資料】
実績情報

・過去の研修実施回数(年度ごと)

・過去の研修延べ参加人数(年度ごと)

【PDF資料】
連絡先等

・申し込み・資料請求先

・法人の苦情対応者名・役職・連絡先

・事業所の苦情対応者名・役職・連絡先

【PDF資料】
質を向上させるための取り組み ・研修生満足度調査情報 平成23〜25年度(アンケート、研修生の声など)
※研修機関と実習機関との連携・・・実習以外のボランティア活動(施設行事など)に学生が任意で参加している。
【PDF資料】