キャンパスライフ

タッチフットボール部が記念試合で神戸大学と交流

2013.06.25

記念トロフィーを携えるタッチフットボール部 松田真美主将


郡山女子大学タッチフットボール部は、6月22日(土)、
神戸市の王子スタジアムで行われた「神戸大学フットボールデー」に招待され、
昨年度女子タッチフットボール日本一の神戸大学(神戸市)と、タッチフットボール記念試合を行いました。
試合結果は、26対18で本学タッチフットボール部が見事勝利しました。
今回のイベントは、阪神淡路・東日本の大震災をそれぞれ経験したチーム同士が、タッチフットボールというスポーツを通じて交流し、被災者へ追悼の念を表するとともに、震災や復興を見つめ直す場を設け、被災者を勇気づけることが趣旨です。
記念試合に先立ち、被災者のご家族をお招きし、両大学主将による宣誓を含む追悼・復興セレモニーを行い、
本学の松田真美主将(家政学部4年)と神戸大学の谷端美里主将が、復興メッセージを読み上げました。

郡山女子大学・郡山女子大学短期大学部
TEL 024-932-4848(代) 広報室