Department of Health and Nutrition

短期大学部 健康栄養学科

家政科 食物栄養専攻から健康栄養学科へ。
健康で豊かな食生活をすすめる「栄養士」と、
食品業界にかかわる「フードスペシャリスト」を養成。
人々の健康をサポートする食と栄養の知識と技術を身につけます。

学びのポイント

  • 食と栄養のプロ
    フェッショナルを
    目指します。

  • 自然や生命への
    思いやりに根ざした
    サービスの精神を育みます。

  • 実習を通して
    基本から調理やITなどの
    技術と知識を磨きます。

  • 化学、生物や数学など
    高校までの復習を
    含めた基礎から学修します。

  • 料理コンクールやボラン
    ティア活動など、授業以外の
    活動で創造力を鍛えます。

Interview

在学生インタビュー

調理を基礎から実践まで
学べるから安心。
目標に向け、何度でも挑戦できる
人間になりたいです。

健康栄養学科2年

渡部 莉奈さん

尚志高校出身(福島県)

調理を基礎から実践まで 学べるから安心。
目標に向け、何度でも挑戦できる
人間になりたいです。

給食に興味があり、附属幼稚園の給食や大学の学食の献立をたて、調理をして提供する実践的な授業があることを知り、きっと将来に役立つと感じ本学に決めました。
調理学実習や給食論実習では、和食・洋食・中華などさまざまなジャンルの料理を作ります。時には失敗もありましたが、班の仲間と協力しながらの調理は、とても楽しくたくさんのことを教えてくれます。また解剖生理学実験は、形態測定、体力測定など自分が実験対象となり人間の体や自分の体について学びました。
この授業は自分の健康状態を考えさせられ、印象的でした。私の目標は、栄養士とフードスペシャリストの資格を取得し、高校で取得した情報関係の資格も活かせる仕事に就くことです。そのために、どんな時にもくじけずに何度でも挑戦できる人間になりたいと思っています。

取得できる資格・免許

■栄養士免許
栄養士養成施設として厚生労働大臣の指定を受けた健康栄養学科において、2年以上学習して栄養士に必要な知識および技能を修得し、都道府県知事に申請することにより栄養士免許が与えられます。
■フードスペシャリスト資格(受験資格)
専門フードスペシャリスト資格[食品開発/食物流通・サービス](受験資格)
定められた科目の単位を修得し、フードスペシャリスト協会が行う資格認定試験に合格したものに対し、フードスペシャリスト協会よりフードスペシャリスト資格認定証が交付されます。資格認定試験は2年次の12月に行われます。
■管理栄養士国家試験受験資格(実務経験3年終了後)
短期大学卒業後、栄養士として3年以上栄養の指導に従事する実務経験により、管理栄養士国家試験の受験資格を得ることができます。

目標とする職業

栄養士 フードスペシャリスト

OG Interview社会で輝く先輩たち
  • 社会で輝く先輩たち

    人間生活学科 建築デザインコース卒

  • 社会で輝く先輩たち

    人間生活学科 福祉コース卒

  • 社会で輝く先輩たち

    幼児教育学科卒

  • 社会で輝く先輩たち

    食物栄養学科卒

  • 社会で輝く先輩たち

    福祉情報専攻(現 地域創成学科)卒

  • 社会で輝く先輩たち

    生活芸術科(現 地域創成学科)卒

  • 社会で輝く先輩たち

    食物科 食物栄養専攻(現 健康栄養学科)卒

  • 社会で輝く先輩たち

    音楽科(現 幼児教育学科 チャイルド・ミュージックコース)卒

  • 社会で輝く先輩たち

    専攻科文化学専攻修了

授業の一部を
ご紹介します。

健康栄養学科

本学科へは、普通科の他に商業科、生活科学科、総合学科、工業科、家庭科関係科、農業科関係科、水産科関係科など様々な出身科より進学してきております。
卒業生の中には、県の公務員試験に合格し、短大卒業と同時に学校栄養士になった方もおります。
就職や進学など卒業後の進路については、しっかり手助けを行っております。
また、本学科では理系を中心とした専門教科の理解を助け、授業内容の質と、免許・資格の質の向上をはかるために、「基礎自然科学」などを開講しています。
特に、高校で化学や生物などの理系科目を学ばなかった方には、共通基礎科目の「自然科学」で対応しております。

給食論実習I
  • 必要な栄養を摂取できる献立を立て栄養価を計算し、食材の購入計画に従い在庫管理をして、多くの人々に喜んでいただけるお食事を作る、給食について学びます。
  • 給食論実習I
応用栄養学実習
  • 新生児から高齢者まで、人生のライフステージの栄養学的特性に合った献立作成を実習します。健康と美味しさにこだわり、食の満足と喜びを通して人々の人生を豊かにする献立を考えます。
  • 応用栄養学実習
臨床栄養学実習
  • 疾病に合せた栄養療法を学ぶ実習です。糖尿病を基本に治療食献立の作成と献立を基に調理を行います。一般食にも使える減塩で美味しい治療食調理の技術と工夫についても実践で修得します。
  • 臨床栄養学実習
食品学実験
  • 食の専門家に必要な食品の機能について実験を通して学ぶ授業です。食品に含まれる栄養成分について理化学的実験で分析するため、試料の扱い方や器具の取り扱い方の基本から学びます。
  • 食品学実験
食品衛生学実験
  • 食中毒や食品の腐敗を防ぐために必要な微生物についての知識を顕微鏡観察や培養試験を通して学びます。また、食品添加物や水について分析実験し、食品や食の安全性について考えます。
  • 食品衛生学実験
解剖生理学実験Ⅰ・Ⅱ
  • 自分の体を知ることは健康を考える基本です。この授業では、人体の形態、機能や運動能力などを測定し、健康寿命の延伸について考えます。また、解剖学的視点からも人体を学びます。
  • 調理学実習Ⅰ、Ⅱ

世代を超えて、健康的な食生活をサポートする
「食と栄養のプロフェッショナル」を目指して!

新生児から高齢者まで全ての世代の食生活を創造する栄養士とフードスペシャリストを養成しています。
栄養士は健康的な食生活を、フードスペシャリストは豊かな食生活を、クリエイトします。栄養学、給食論と栄養指導の各実習が連携して、また同じキャンパス内にある附属幼稚園の協力を得て、幼稚園給食の実習を実施しています。

  • 健康栄養学科
  • 幼児の健やかな成長を考えて栄養学実習の授業で作成したお弁当の献立を、給食論実習の授業で調理し、盛りつけます。
    栄養指導論実習の授業で作成した栄養指導の媒体とともにできあがったお弁当を幼稚園に提供します。そして、園児が実際に食べている様子を観察・調査しています。

[専門科目] ※抜粋

社会生活と健康
公衆衛生学
社会福祉概論
人体の構造と機能
解剖学
生化学
生理学
病理学
解剖生理学実験Ⅰ・Ⅱ
食品と衛生
食品学Ⅰ・Ⅱ
食品衛生学
食品学実験
食品衛生学実験
栄養と健康
健康食生活論
基礎栄養学
臨床栄養学
応用栄養学
応用栄養学実習
基礎栄養学実習
臨床栄養学実習
栄養の指導
公衆栄養学
栄養指導論総論
栄養指導論各論
栄養指導論実習Ⅰ・Ⅱ
給食の運営
給食計画・実務論
調理学
調理学実習Ⅰ・Ⅱ
給食論実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
その他
食商品学
食品鑑別論Ⅰ・Ⅱ
フードコーディネート論
基礎自然科学
栄養士特論
フードスペシャリスト特論
卒業研究

お知らせ

INFORMATION