Teacher training course

教職課程

教職課程とは教員免許状の取得に必要な科目群を
設置した課程のことです。

教職課程とは
小学校、中学校、高等学校の教員になるには、「教員免許状」が必要です。教職課程とは教員免許状の取得に必要な科目群を設置した課程のことです。教職課程の履修申請は、大学2年次に行います。

本学では、下記の教員免許状が取得できます。

[1] 本学で取得できる教員免許状(平成30年度以降の入学者対象)
  学科・コース(専攻) 取得可能免許
大学

人間生活学科・生活総合コース

家庭(中・高1種)※

人間生活学科・福祉コース 家庭(中・高1種)※,福祉(高校1種)
人間生活学科・建築デザインコース 家庭(中・高1種)※,工業(高校1種)
食物栄養学科 栄養教諭1種

※小学校教員養成特別プログラム:本学3~4年次在学中に玉川大学の通信教育プログラムを受け、所定の単位を修得すれば、卒業と同時に、中高の家庭科一種免許状に加えて、 小学校教諭2種免許状の取得ができます。(プログラム履修にあたっては別途費用が必要になります。詳しくは、入学事務・広報部又は教職課程推進室までお問い合わせくださ い。)なお、福祉コースと建築デザインコースにおいては、国家試験対策や資格に関する 指定科目履修との両立や選択が必要となります。

  • 栄養教諭とは「食に関する専門性」と「教育に関する資質」の両方を兼ね備えた資格です。未来を担う子どもたちに、望ましい食習慣の形成を促し、心身ともに健康な生活を送れるよう、食に関する指導と学校給食の管理業務を行います。「食」を通して子ども達の心と身体を育ててみませんか。
    詳細については、文部科学省のホームページをご参照下さい。
  • 幼稚園教諭の養成は幼児教育学科で行っています。詳細については、幼児教育学科のページをご覧下さい。
  • すでに中学校および高等学校教諭一種免許状(家庭)を取得している方は、大学院で中学校および高等学校教諭専修免許状(家庭)を取得することができます。

[2] 本学教職課程の特色

これまで本学の教職課程は、多くの教諭を輩出してきました。特に家庭科教諭の養成校としては長い伝統をもっています。福島内の高等学校120校には、現在、60人ほどの卒業生が専任教諭として、また40人ほどが講師等として勤務しています。
 近年では、東京都など、関東圏を中心に県外にも活躍の場は広がっています。

[3] 進路の実績(過去5年)

年度 専任教諭 栄養教諭 栄養職員 常勤講師 非常勤講師
2018
新卒
1(高校家庭)        
2018
既卒
2(高校家庭)
1(中学音楽)
1(中学美術)
    1(高校家庭)
1(小学校臨免)
 
2017
新卒
  1   1(高校家庭)  
2017
既卒
2(高校家庭)        
2016
新卒
  1 3 1(中学音楽)  
2016
既卒
1(中学音楽)
1(中学美術)
1(特別支援)
       
2015
新卒
    1 1(高校家庭) 1(高校福祉)
2015
既卒
1(高校家庭)
1(中学家庭)
       
2014
新卒
         
2014
既卒
3(高校家庭)
1(小学校図工)
    1(高校家庭) 2(高校家庭)

※非常勤講師とは、1時間(50分)の授業を受け持つ教員です。クラス担任等は受け持たず、自分の担当教科の授業に専念できます。経験を積みながら、専任教員を目指す場合や、あえて週3日程度無理のない範囲で教員を続ける場合もあります。

[4] 本学の教員養成に対する理念・構想

 本学の教育目標は、「家政学に関する高度の学芸を教授研究し、生活文化の向上と社会開発に寄与する専門職業人としての教育を施し、人間性の高揚を図り、自主独立の精神を培い、女性の特質をもって世界平和と人類の福祉に貢献しようとする人物を育成すること」です。
 この教育目標を実現すべく計画された本学の教育構想は、「尊敬」「責任」「自由」の建学の精神を基盤とした人間守護の理念に基づく家政哲学の実践です。それを、より具体的に表現すれば、互いの個性を尊重し、敬愛の念で結ばれる豊かな人柄を創る教育であり、また、家庭や社会の一員としての自覚のもと責任ある行動をとることで平和を守る実践力を獲得させる教育であり、さらには、自由な発想と研究とで、個性豊かな人格を形成しつつ、家庭や社会の絶えざる更新を図っていく力と姿勢を育成していく教育であるといえます。
 以上の教育目標と構想のもとに教員養成も行っており、加えて、教職に対する強い情熱、教育の専門家としての確かな力量及び総合的な人間力を持つ教員の養成を目指しています。また、家政学部内の人間生活学科と食物栄養学科の両学科において、それぞれの学びの専門性により適合した免許状の取得が目指されており、大学全体で共有する理念を専門的・個性的に実現していくことが可能となっています。

お問合わせ

本学教職課程へのお問い合わせなどは、こちらへお願い致します。
kyosyoku@koriyama-kgc.ac.jp
上記の担当教員が直接お答え致します。
また、携帯電話からのお問い合わせは、QRコードをご利用ください。

お知らせ

INFORMATION