生活芸術科

⇒ 生活芸術科の紹介はこちら

生活芸術科 専門科目の授業風景_4

2012.07.20

■木曜日 1年生の講義科目

[ 画法幾何学 ]

 画法幾何学は講義科目に位置づけられていますが、3次元立体形状の図的表現や形状処理など、ケント紙
 に作図もしながら製図の基本的な決まりを学んでいきます。
 平面図・立面図の作図では、キリッとした細い正確な線で仕上げることが求められます。
 T定規と三角定規の正しい使い方や “シャープペンシルを回しながら一定の太さの線を描く” というコツを
 つかむまで学生たちは四苦八苦。
 佐久間先生の明るい大きな声が3階の教室で響き渡り、夏の暑さを吹き飛ばしています。




■火曜日 1年生の実技科目

[ 油彩画 Ⅰ ]

 油彩画Ⅰは通年で行われる科目で、前期は“静物画制作”です。モチーフも自分たちで選んで作りました。
 まず、固有色の固定観念を排除し、頭を柔らかくして、好きな色を好きなところに自由に塗ることから
 始まります。
 ペインティングナイフ (油彩画専用のコテ) や絵画用の砂を使ってマチエール (画肌) や画面に変化を与え
 たり、色彩の取り入れ方を工夫して画面を強調したり、逆に不要なものを思い切って省略したりしながら
 “いい形” を探っていきます。
 「浅野先生の指導はこれまでとは全く違う」とはじめは戸惑っていた学生たちも、次第に大胆に挑戦する
 ようになり、画面はどんどん変化していきます。