Graduate School

大学院 人間生活学研究科

新しい時代には、新しい学問が要求されます。
「人間守護」の理念を中心に、人間生活について
総合的かつ専門的に学びます。

郡山女子大学は平成4年4月、大学院を開設しました。人間生活学研究科人間生活学専攻(修士課程)において人間生活学に関するスペシャリストの養成に努めています。
昼夜開講制度を設け社会人への門戸も開き、さらに平成8年4月には家政学を究める博士(後期)課程を設置しました。本学独自の家政学を軸にした博士課程は全国でも例がなく、開学以来「人間守護」の哲学的理念を持った独創的な、家政学を世に広めてきた実績が認められたものです。
平成14年度には論文審査をパスした5名に日本で初めての家政学博士の学位が授与されました。さらに、平成16年度に1名、平成20年度に2名、平成22年度に1名、平成24年度には1名に授与されています。

学びのポイント

  • 家政哲学による「人間守護」
    の理念を基に、新しい時代の
    人間の生活の充実発展に寄与す
    ることを目的としています。

  • 人間の生活に関する総合的な
    学問研究をはかり、広く清新な
    学識と研究能力をもった
    研究者並びに高度な
    専門職業人を養成します。

  • 本大学家政学部人間生活学科
    及び、食物栄養学科と連携した
    カリキュラムで、生活・
    福祉・建築・食物について
    専門性の高い研究を行います。

  • 学科紹介ムービー

Interview

在学生インタビュー

人間生活の観点から建築を探求し
「ポジティブな空間」を発信したい。

人間生活学研究科人間生活学専攻2年

村上 実賀子さん

郡山女子大学短期大学部生活芸術科
郡山女子大学人間生活学科建築デザインコース出身
桜の聖母学院高校出身(福島県)

人間生活の観点から建築を探求し「ポジティブな空間」を発信したい。

大学で学んだ建築について、さらに見識を深めたいと大学院に進学しました。
建築の専門的な知識や技能はもちろん、家政学に基づく人間生活の観点から多面的に探求していけることに確かな手応えを感じています。その一つ、本学の創設者である関口富左先生が家政学の理念に取り入れたO.F.ボルノーの家の哲学には、強く惹かれました。卒業後は、人々にポジティブに働きかける空間演出やデザインを世の中に発信していきたいと考えています。
そのために、日頃からアンテナを張って自分の研究以外の情報もチェックし、様々な角度から物事を捉えていくよう心がけています。

取得できる資格・免許

■中学校及び高等学校専修免許状(家庭)
既に中学校及び高等学校一種免許(家庭)を取得している者は「生活学系」及び「生活科学系」の科目の中から24単位以上修得することにより、中学校及び高等学校専修免許(家庭)を取得することができます。

目標とする職業

専修免許状(家庭)をもつ中学校及び高等学校教員 高度な専門知識を有する、管理栄養士、社会福祉士・介護福祉士、一級・二級建築士
消費者及び生活者の視点を重視する社員及び公務員 大学等における家政学原論及び家政学の研究者及び担当者

OG Interview社会で輝く先輩たち
  • 社会で輝く先輩たち

    人間生活学科
    福祉コース卒

  • 社会で輝く先輩たち

    人間生活学科
    建築デザインコース卒

  • 社会で輝く先輩たち

    食物栄養学科卒

  • 社会で輝く先輩たち

    健康栄養学科卒

  • 社会で輝く先輩たち

    幼児教育学科卒

  • 社会で輝く先輩たち

    地域創成学科卒

授業の一部をご紹介します。

人間生活学研究科

健康生活特論
  • 疫学的手法から集団の健康を考える。

    新型コロナウイルス流行の初期段階では、疫学的手法が多用されました。集団(日本全体、都道府県)の感染状況を把握しなければ予防対策は立てられません。感染症の広がりを調べるときに重要なのが疫学的考え方です。特論では疫学と健康について学びます。
  • 家政学原論I
生活経済学特論
  • 経済学が生活と密接に結び付いた学問であることを学ぶ。

    経済学において、より生活と密接につながっている分野について学修します。具体的には一家庭の経済生活である家計経済の最近の傾向・今後の動き、更にはライフサイクルの変化とライフステージ毎にかかる費用について採り上げ、考究を深めます。
  • 科学的住生活特論
科学的住生活特論
  • 住生活における科学的分析法や住宅の方向性を学ぶ。

    これからの住生活は家政学のみならず、工学や心理学等の学問と有機的に連携しながら向上させていく必要があることから、本講義は多くの学術論文や著書を分析しながら、住まいに求められる普遍性と地方性について追究します。
  • 生活環境特論
科学的食生活特論
  • 科学的側面から現代の食生活に与える功と罪を学ぶ。

    「食」に関する研究論文や最新情報、および英文で日本の食文化を読み解くことにより、科学的側面から「現代の食生活に与える功と罪」について議論するとともに、日本人の食生活の特徴的な事柄について海外に伝える力を養います。
  • 科学的食生活特論
人間生体特論
  • 人間は食の変化によって進化したことを学ぶ。

    ヒトの一生は発生、成長、老化を経て終わります。この過程を人類の祖先や他の動物と比較すると、ヒトの進化と退化、そして未来の形態と機能が見えてきます。現代人は食と生活習慣の変化により進化したことを学びます。
  • 人間生体特論

[専門科目] ※抜粋

人間学系Ⅰ・Ⅱ
哲学的人間学特論Ⅰ
教育学的人間学特論
健康生活特論Ⅰ
人間生体特論Ⅰ
生活学系
家政学原論Ⅰ
生活学原論
生活文化史特論Ⅰ
生活文化史特論Ⅱ
生活経営学特論
教育政策科学特論
社会福祉学特論
地域福祉特論
社会福祉方法論
(ソーシャルワーク方 法論)
高齢者福祉特論
児童福祉特論
障碍者福祉特論
介護福祉特論
介護方法論
生活科学系
科学的衣生活特論
科学的衣生活演習
科学的衣生活実験
科学的食生活特論
科学的食生活演習
科学的食生活実験
食品衛生学特論
調理科学特論
臨床栄養学特論
公衆栄養学特論
栄養教育特論
生活統計学演習
食物栄養学特別講義Ⅰ
食物栄養学特別講義Ⅱ
科学的住生活特論
科学的住生活演習
科学的住生活実験
生活環境特論Ⅰ
生活環境実験
建築設計演習Ⅰ
建築設計演習Ⅱ
建築設計特論
建築計画特論
建築生産計画特論
建築構造計画特論
建築材料特論
実務実習Ⅰ
(インターンシップ)
実務実習Ⅱ
(インターンシップ)

■博士課程

人間学系Ⅰ・Ⅱ
哲学的人間学特論Ⅱ
人間生体学特論Ⅱ
健康生活特別研究
健康生活特論Ⅱ
生活科学系
食物栄養学特別研究
食物栄養学特論
空間環境計画学特別研究
空間環境計画特論
生活学系
家政学原論特別研究
家政学言論特論
社会福祉学特別研究
社会福祉学特論
家族関係学特論
生活経営学特論
生活行為特論
生活技術特論
生活情報特論
高齢社会特論

お知らせ

INFORMATION