Department of Health and Nutrition

短期大学部 健康栄養学科

家政科 食物栄養専攻から健康栄養学科へ。
健康で豊かな食生活をすすめる「栄養士」と、
食品業界にかかわる「フードスペシャリスト」を養成。
人々の健康をサポートする食と栄養の知識と技術を身につけます。

学びのポイント

  • 食と栄養のプロ
    フェッショナルを
    目指します。

  • 自然や生命への
    思いやりに根ざした
    サービスの精神を育みます。

  • 実習を通して
    基本から調理やITなどの
    技術と知識を磨きます。

  • 化学、生物や数学など
    高校までの復習を
    含めた基礎から学修します。

  • 料理コンクールやボラン
    ティア活動など、授業以外の
    活動で創造力を鍛えます。

Interview

在学生インタビュー

食事と一緒に笑顔を
届けられる栄養士が目標。

健康栄養学科2年

坂本 菜摘さん

郡山女子大学附属高校出身

食事と一緒に笑顔を
届けられる栄養士が目標。

高校で食について学んでいくうちに、人の体と栄養はどのような関わりがあるのか興味を持ち、より深く栄養学について学びたいと入学しました。給食論実習では、栄養価計算をして献立を考えるのは大変なことだと実感しました。他にも人体について実験を通して学んだり、新たに学ぶことが多いので毎日の授業が楽しいです。
将来は、本学科で取得できる栄養士免許を活かし保育園・幼稚園などで働き、食べた人が笑顔になるような食事を提供していきたいです。

取得できる資格・免許

■栄養士免許
栄養士養成施設として厚生労働大臣の指定を受けた健康栄養学科において、2年以上学習して栄養士に必要な知識および技能を修得し、都道府県知事に申請することにより栄養士免許が与えられます。
■管理栄養士国家試験受験資格(実務経験3年終了後)
短期大学卒業後、栄養士として3年以上栄養の指導に従事する実務経験により、管理栄養士国家試験の受験資格を得ることができます。
■フードスペシャリスト資格(受験資格)
専門フードスペシャリスト資格(受験資格)
定められた科目の単位を修得し、フードスペシャリスト協会が行う資格認定試験に合格したものに対し、フードスペシャリスト協会よりフードスペシャリスト資格認定証が交付されます。資格認定試験は2年次の12月に行われます。

目標とする職業

栄養士 フードスペシャリスト

OG Interview社会で輝く先輩たち
  • 社会で輝く先輩たち

    人間生活学科
    福祉コース卒

  • 社会で輝く先輩たち

    人間生活学科
    建築デザインコース卒

  • 社会で輝く先輩たち

    家政学科
    食物栄養学科卒

  • 社会で輝く先輩たち

    家政学科
    健康栄養学科卒

  • 社会で輝く先輩たち

    家政学科
    幼児教育学科卒

  • 社会で輝く先輩たち

    専攻科
    文化学専攻卒

授業の一部を
ご紹介します。

健康栄養学科

本学科へは、普通科の他に商業科、生活科学科、総合学科、工業科、家庭科関係科、農業科関係科、水産科関係科など様々な出身科より進学してきております。
卒業生の中には、県の公務員試験に合格し、短大卒業と同時に学校栄養士になった方もおります。
就職や進学など卒業後の進路については、しっかり手助けを行っております。
また、本学科では理系を中心とした専門教科の理解を助け、授業内容の質と、免許・資格の質の向上をはかるために、「基礎自然科学」などを開講しています。
特に、高校で化学や生物などの理系科目を学ばなかった方には、共通基礎科目の「自然科学」で対応しております。

栄養指導論実習I
  • 個々人に適した望ましい食生活へのアドバイスや導きの方法を学ぶ。

    健康の維持増進のために望ましい食生活を理解し、指導するにあたっては豊かな発想を活かして効果的なプレゼンテーションを行う方法・技術を学びます。健康的な食生活の提案として、学園の屋上菜園での野菜栽培も行っています。
  • 栄養指導論実習I
応用栄養学実習
  • 年代ごとに望ましい食生活のあり方を学ぶ。

    新生児から高齢者までのどの年代においても、健康に過ごすためには日常の食事(栄養)のあり方が大切です。年代ごとに対象者の身体特性や身体活動状況にあった献立を考えます。
  • 応用栄養学実習
給食論実習II(校内実習)
  • 給食のマネジメントを理解し、運営上必要な技術を学ぶ。

    施設給食として、100食以上の附属幼稚園の給食などを体験します。さらに実習後に実習全体を総合評価し、問題点や改善点を次に生かしながら、給食の運営方法を学びます。
  • 給食論実習II(校内実習)
基礎栄養学実習
  • 実習を通して、学問としての栄養学の基礎を学ぶ。

    健康増進のために望ましい栄養のあり方について、実習を通して学びます。授業では、実験を含む栄養アセスメントの手法を用いて個人や集団の食塩やたんぱく質などの栄養素摂取量を評価します。
  • 基礎栄養学実習
食品衛生学実験
  • 顕微鏡観察や実験を通して「食の安全」を学ぶ。

    健康に害をおよぼす食中毒を防ぐため、微生物についての知識を顕微鏡観察や培養実験を通して学びます。また、食品添加物の分析実験などを行い、食品の安全性について考えます。
  • 食品衛生学実験
解剖生理学実験I・II
  • 生体機能測定や解剖模型・組織標本から人体の構造を学ぶ。

    自分の体を知ることは健康を考える基本です。この授業では、人体の形態、機能や運動能力などを測定し、健康寿命の延伸について考えます。また、解剖学的視点からも人体を学びます。
  • 調理学実習Ⅰ、Ⅱ
MESSAGE for YOU

食生活充実のためのスペシャリストとして
知識と実践力を培っていきましょう。

健康栄養学科には、食のスペシャリストである「栄養士」や「フードスペシャリスト」として社会で活躍するために、豊かなカリキュラムが用意されています。さらに、料理コンクールへの応募、施設でのボランティア活動、地域貢献活動などの取り組みを通じて、授業を通して得た知識を活用する技術も培っていくことができます。現代は食の情報があふれる時代です。そのような時代にあっては、情報を取捨選択することも大事です。
本学科で、栄養に関する正しい知識と実践力を培っていきましょう。

健康栄養学科 水野時子 教授

Qフードスペシャリストとは何ですか?
A食に関する幅広い知識と技術を身につけた食の専門家です。活躍が期待される職域は、おもに食品産業があります。

Q調理が苦手ですが大丈夫ですか?
A調理学実習では、包丁の使い方から調理の基礎を学びます。調理に慣れてくればレパートリーも増えて楽しくなりますよ。安心してください。

[専門科目] ※抜粋

社会生活と健康
公衆衛生学
社会福祉概論
人体の構造と機能
解剖学
生化学
生理学
病理学
解剖生理学実験Ⅰ・Ⅱ
食品と衛生
食品学Ⅰ・Ⅱ
食品衛生学
食品学実験
食品衛生学実験
栄養と健康
健康食生活論
基礎栄養学
臨床栄養学
応用栄養学
応用栄養学実習
基礎栄養学実習
臨床栄養学実習
栄養の指導
公衆栄養学
栄養指導論総論
栄養指導論各論
栄養指導論実習Ⅰ・Ⅱ
給食の運営
給食計画・実務論
調理学
調理学実習Ⅰ・Ⅱ
給食論実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
その他
食商品学
食品鑑別論Ⅰ・Ⅱ
フードコーディネート論
基礎自然科学
栄養士特論
フードスペシャリスト特論
卒業研究

お知らせ

INFORMATION