Department of Domestic Science

家政学部 生活科学科

建築デザイン専攻の新しい3つの特色!

家政学部の建築ならではの「文理融合型の建築」を学修
CGやCAD設計が可能な最新の設備を完備
実践的な体験型授業を新設して幅広いスキルを習得

体験・体感を重視した教育で社会で活躍できる実践力を育成

1生活を科学する学びの特色を活かし多様な建築業界で活躍する人材を育成

建築を学ぶ場合、工学部や芸術学部がありますが、本学は「家政学部の建築」です。使い易さや住み心地という生活者の目線で建築を学び、科学的な視点から学修する文理融合型の建築である点が特徴です。家族や家庭という見方で建築を創造し、安全で快適な住まいを設計する女性建築家を育成します。

しくみ
2新設される実践的授業
■ウッドワーキング・クラフトデザイン演習
ウッドワーキング・クラフトデザイン演習

木材や道具に触れることで材料特性や効果を感じとり、自ら製作する家具などのモノづくりを通してスキルとデザイン力を身につけます。

■フィールドワーク
フィールドワーク

実際のフィールドを対象に、建築的視点から地域の課題を解決する学修に取り組むことで、問題解決能力やコミュニケーション能力を養います。

■リノベーション計画
リノベーション計画

現在の建築業界では、既存の建物を改修して再生する「リノベーション」が増えています。本授業では、実践事例からリノベーションの計画を学修します。

3最新の設備でデザインを学修
最新の設備でデザインを学修

本専攻では、建築分野では欠かせないCADやCG技術を授業で学修します。最先端のソフトを利用し、社会で活躍するスキルを身につけます。

4社会性を育む地域連携事業
最新の設備でデザインを学修

これまで、行政委託の調査事業やイベントの企画・運営など多くの地域連携事業に取り組んでいます。地域の方々との関わりの中で社会性や対応力を身につけます。

5一級・二級建築士取得を後押しする5つの取り組み
  • 設計課題演習

    建築士試験設計課題演習に1年生のうちから取り組みます。

  • 過去問演習

    学科試験対策として、過去7年分の過去問題に取り組みます。

  • 個別指導

    試験不合格の卒業生に対しては、学科指導・製図指導を個別に実施しています。

  • 頻出課題演習

    学科試験頻出問題に対応した演習を取り入れた授業を実施しています。

  • 特別対策講座

    授業とは別に特別な対策講座を毎週実施し、取得を後押ししています。

■一級建築士
卒業後に受験可能
登録要件として2年間の実務経験が必要

住宅、学校や商業施設、病院など、”全て”の建物の設計や工事管理が可能な建築のスペシャリスト。建築業界や不動産業界、官公庁などに就職する際に有利になります。一級建築士の登録者数は32万人程度ですが、実際に活動しているのは6.7万人のみで、社会的ステータスの高い一級建築士はとても貴重な存在です。

■二級建築士
卒業後に受験可能

二級建築士は、主に戸建住宅や小規模な施設の設計や工事管理を行える国家資格です。本専攻を卒業することで実務経験なしで資格試験を受けることができます。主に住宅メーカーや設計事務所、ゼネコン会社や不動産会社、官公庁などで活躍しています。

一級建築士
2年連続合格者輩出
合格者2名

(左)伊藤真理さん(2009年度卒業)郡山女子大学勤務

(右)伊藤絵里さん(2009年度卒業)e.home藤田建設工業(株)勤務

学びのポイント

  • 生活を科学し、生活者視点から建築を学修します。

  • 女性の感性を活かした建築士を育成します。

  • 体験・体感を活かした教育を実践しています。

  • 一級・二級建築士資格取得に向けた支援体制を構築しています。

  • 女性建築家として活躍できる様々な資格取得を支援します。

取得できる資格・免許

■一級建築士(国家試験受験資格)及び二級建築士(国家試験受験資格)
■高等学校教諭一種免許状(工業・家庭)
■中学校教諭一種免許状(家庭)
■特別支援学校教諭一種免許状(申請中)
■福祉住環境コーディネーター
■建築設備士
■インテリア設計士
■キッチンスペシャリスト
■インテリアコーディネーター
■商業施設士

目標とする職業

建築士 インテリアコーディネーター 商業施設士(コマーシャルスペースデザイナー) 福祉住環境コーディネーター 設計事務所 ハウスメーカー 公務員(行政技術職) 高等学校教諭(工業・家庭) 中学校教諭(家庭)

OG Interview社会で輝く先輩たち
  • 社会で輝く先輩たち

    人間生活学科
    福祉コース卒

  • 社会で輝く先輩たち

    人間生活学科
    建築デザインコース卒

  • 社会で輝く先輩たち

    食物栄養学科卒

  • 社会で輝く先輩たち

    健康栄養学科卒

  • 社会で輝く先輩たち

    幼児教育学科卒

  • 社会で輝く先輩たち

    専攻科
    文化学専攻卒

Interview

在学生インタビュー

ゼミで深めた照明の知識を
設計やデザインに活かしたい。

現・人間生活学科 建築デザインコース4年

中里 優さん

福島県立郡山高校出身

ゼミで深めた照明の知識を
設計やデザインに活かしたい。

少人数制で先生との距離も近いので、密度の濃い授業が受けられます。建築について家政学の視点から学べることも、本学ならではの特徴だと思います。
また、教養講座や芸術鑑賞講座で様々なスペシャリストの芸術表現に触れることができ、そうした体験が建築の発想を広げることに役立っています。
卒業後は二級建築士の資格を取り、将来はゼミで研究している照明を活かした設計やデザインをしていきたいです。

各専攻の授業の一部を
ご紹介します。

建築デザイン専攻

女性の感性を活かして、自然と共生可能な生活空間を美しく設計し、創造できる女性建築士を育成します。

建築設計製図Ⅰ~Ⅳ
  • 建築設計には、たくさんの図面が必要です。本授業は4年間で図面の重要性を認識し、プランニングや模型制作、手書き図面とCAD演習を通して、設計製図の力や空間を考える能力を伸ばします。
  • 建築設計製図Ⅰ~Ⅳ
インテリアデザイン
  • インテリアデザインの専門知識とインテリア設計の表現技術を修得するため、インテリアの歴史、インテリア計画、インテリアデザイン基礎、材料、装備・装飾の他、パースの手法を学びます。
  • インテリアデザイン
福祉住環境
  • 医療や福祉、建築について幅広い知識を身に付け、高齢者や障がい者に対して住みやすい住環境を提案する能力を養います。適切な住宅改修プランを提示し、助言できるような技術を修得します。
  • 福祉住環境
建築構造力学Ⅰ
  • 構造力学では、建築物に働く力を理解すると共に、部材に生じる力の基本的知識を身につけます。授業では簡単な実験や模型等を用いて、力の流れが理解できるように工夫されています。
  • 建築構造力学Ⅰ
家族建築学
  • 人間生活の基盤となる家族に焦点をあて、家族とは何か、家族の機能、家族の変化等を考えながら、住まいに求められる家族と建築の関係についてディスカッション形式で学びます。
  • 家族建築学
建築史
  • 日本と世界の建築の歴史を学び、建築の形の変化や進化の背景を学びます。実際の歴史的建造物の見学を通して建築の見方を修得し、建築を考える上での基礎的なスキルを身に付けます。
  • 建築史
MESSAGE for YOU

豊かな感受性であなたの思い描く
空間を自由に創造してみませんか。

建築を目指す皆さんに持っていて欲しいのは、美しいものに感動する心です。身の回りにある自然や芸術、形あるもののもつ美しさに触れ、心を動かされる豊かな感受性が、建築を学ぶための大切な要素です。空間を創造することや物づくりに対して興味を持って臨み、意欲ある学生生活を送って欲しいと思います。

生活科学科(現・人間生活学科) 山形 敏明教授

Q建築の勉強についていけるか心配です。
A建築の専門科目では、少人数制の利点を活かし、一人ひとりに基礎から丁寧に指導します。建築士資格取得のための指導もわかりやすく行っています。

Q卒業後の進路や就職先はどんなところがありますか。
A設計事務所をはじめ、総合建設業、ハウスメーカー、インテリア設計事務所等の建築関係、工業高校教員、中学・高校家庭科教員、公務員などがあります。

[専門科目] ※抜粋(建築デザインコースの内容です)

1年次
住生活概論
色彩学
インテリアデザイン
建築構造Ⅰ
建築計画Ⅰ
建築設計製図Ⅰ
2年次
家政学原論Ⅰ・Ⅱ
建築史
構造力学Ⅰ
構造力学演習Ⅰ
構造力学Ⅱ
構造力学演習Ⅱ
建築材料学
建築法規Ⅰ
建築構造Ⅱ
建築計画Ⅱ
建築設計製図Ⅱ
3年次
建築法規Ⅱ
建築環境工学Ⅰ
建築環境工学Ⅱ
人間環境学
建築設計製図Ⅲ
建築施工
地域防災計画
海外生活実習
卒業研究Ⅰ
4年次
建築設備
家族建築学
人間環境学実験
建築設計製図Ⅳ
卒業研究Ⅱ

お知らせ

INFORMATION