家政科 食物栄養専攻

⇒ 家政科 食物栄養専攻の紹介はこちら

「おいしい ふくしま いただきます!」キャンペーン## 短大食栄

2015.08.19

8月5日(水)、「おいしい ふくしま いただきます!」キャンペーンを実施しました。
「学生のみなさんに福島の農林水産物についてもっと理解を深めてほしい!、食の安全性について正しい知識を得てほしい!」との福島県の要請を受けて、このセミナーを開催しました。セミナーには、家政科福祉情報および家政科食物栄養専攻の学生、教職員そして一般の方、合せて100名以上の参加がありました。
セミナーの第1部では、郡山市熱海町の農家で野菜ソムリエの藤田浩志氏と福島県水産試験場漁場環境部長の藤田恒雄氏を講師にお迎えしてお話をうかがいました。
震災後の県内産農作物に対する風評を払拭し、安全な県内産農林水産物を全国へ届けるための取組みについてのお話しは、食の安全性について考えるよい機会になりました。

「ふくしまの美味しい農産物の話し」について講演される農家・野菜ソムリエの藤田浩志氏

「ふくしまの美味しい農産物の話し」について講演される農家・野菜ソムリエの藤田浩志氏

「水産物に係る放射能モニタリング結果と試験操業の取組み」について講演される福島県水産試験場漁場環境部長の藤田恒雄氏

「水産物に係る放射能モニタリング結果と試験操業の取組み」について講演される福島県水産試験場漁場環境部長の藤田恒雄氏

第1部の最後には、家政科食物栄養専攻の2年生が考案した、福島県特産の最高級食材を使用したスイーツのレシピを紹介しました。レシピは、枝豆と桃を使用した「枝豆&桃のムース」ときゅうりを使用した「カッパウンドケーキ」の2品です。使用した食材は、いずれも福島県が誇る夏の食材です。

使用した県産食材についてプレゼンテーション。大舞台での発表に緊張。

使用した県産食材についてプレゼンテーション。大舞台での発表に緊張。

セミナーの第2部は調理学実習室に会場を移し、福島中央テレビ「ゴジてれChu!」でおなじみの佐藤文男先生による、料理の実演が行われました。
ゲストとしてみちのくボンガーズのしなだマンと岡ちゃんも登場。メニューは「胡瓜の香り炒め」と南相馬産のミズダコを使用した「タコのマリネ」の2品です。本専攻の1年生2名と2年生3名がお手伝い。人前で包丁を扱う事に不慣れな学生は緊張しながらも、佐藤先生にアドバイスをいただきながらきゅうりの下ごしらえをしました。話をしながらも、調理を進める佐藤先生の手際の良さと調理スピードに「おぉー!」と声があがります。

スライド1

佐藤先生に作っていただいた「胡瓜の香り炒め」と「タコのマリネ」、そして学生が考案作成した「枝豆&桃のムース」と「カッパウンドケーキ」の4品を参加者全員で試食。会場のあちらこちらから「美味しい!」の声が聞こえてきました。
その後、試食をしながらふくしまの農林水産物と安心安全に関するクイズで講演会の復習をしながらお勉強。佐藤先生の軽快なトークとみちのくボンガーズのしなだマンと岡ちゃんの掛け合いが会場を盛り上げ、あっという間の40分でした。
何事にも「きっかけ」は大切。今回のセミナーを通して学生のみなさんの「考えるきっかけ」、「食べるきっかけ」、「作るきっかけ」になりますように。

スライド1

この様子は当日のTUF「スイッチ!」で放送されました。
詳しいレシピは「クックパッド」で公開中♪ ぜひご覧ください。
 「枝豆&桃のムース」はこちら!です。 
 「カッパウンドケーキ」はこちら!です。