健康栄養学科

料理コンクールで学生の作品が入賞!

2013.11.22

感性豊かな調理に携わる専門家をめざし、短期大学部家政科食物栄養専攻の学生はさまざまな料理コンクールに出品しています。審査で選ばれた入賞作品をご紹介します。

会津若松米粉ネット主催 平成25年度米粉スイーツコンテストでは、平成25年11月3日に会津若松市で実技審査が開催され、短大食栄1年の佐藤望さんの作品「あんみつ大福」が入賞しました。「米粉の特色・魅力を引き出し、米粉が主役となる菓子(和・洋問わず)」のコンテストで、東京や神奈川など県外からの応募も含めて全37点の応募作品の中からから第1次、第2次審査を経て、最終審査で最優秀賞などの入選作品5作品の一つに選ばれました。また、短大食栄1年小幡真子さんの作品「米粉パンケーキの抹茶バナナケーキ」も、第2次審査を通過ました。

佐藤 望さんの作品「あんみつ大福」

米粉スイーツコンテスト会場の様子


小幡真子さんの作品 「米粉パンケーキの抹茶バナナケーキ」

平成25年11月15日に行われた、福島県牛乳普及協会主催の平成25年度牛乳・乳製品利用料理コンクール福島県大会には、書類審査を通過した短大食栄2年の鈴木瑠奈さんが出場しました。このコンクールは、一般消費者を対象に牛乳・乳製品利用技術の向上・普及を図るために開催されている技術競技大会で、今回で第34回目を数えました。福島県内から寄せられた360点にのぼる応募作品の中から書類審査で選ばれた10点の作品について実演審査が行われました。鈴木瑠奈さんの作品「白い麻婆豆腐」は、優秀賞に選ばれました。

優秀賞 鈴木瑠奈さんの作品 「白い麻婆豆腐」

第34回 牛乳・乳製品利用料理 コンクール福島県大会の会場