人間生活学科

⇒ 人間生活学科の紹介はこちら

人間生活学科(生活・福祉・建築)⑥_私たちも今日から認知症サポーター!!

2016.12.01

%e7%a6%8f%e7%a5%89%e2%91%a5%ef%bc%8d1人間生活学科1年から4年の学生とアドヴァイザーが集会の時間を利用して認知症サポーター養成講座を受講しました。講師には、郡山市西部地域包括センターの白石さん、増子さん、馬場さんがお越し下さいました。%e7%a6%8f%e7%a5%89%e2%91%a5%ef%bc%8d6%e7%a6%8f%e7%a5%89%e2%91%a5%ef%bc%8d2
認知症サポーターとは、認知症について正しく理解し、認知症の人や家族を温かく見守り、支援する応援者のことをいいます。
福祉コースの学生は、認知症について専門に勉強する科目がありますが、多くの学生は初めて専門的に学びました。そして、認知症になっても安心して暮らすことのできる町づくりに取り組めるよう真剣にお話を伺い、正しい知識を得ることができました。
 受講後、学生からは、「家族や友人に認知症サポーター養成講座の話しをして、広げていきたいと思った」、「自分の家族や自分自身にも関わってくることで他人事ではないなと思った」、「祖母が認知症であり、自分の対応が間違っていたと分かった。これからは祖母の気持ちを大事にしてあげたいと感じた」、などの感想が聞かれました。
 受講後は、認知症サポーターの証であるオレンジリングを受け取り、先ずは自分たちのできることから始めよう! そして、たくさんの優しい眼で認知症の方々を見守っていきたい! と強く心に誓いました。
%e7%a6%8f%e7%a5%89%e2%91%a5%ef%bc%8d3
DVD視聴後に、認知症高齢者への正しい対応について皆で考えました。適切な回答が出て、講師の先生に驚かれました! 
%e7%a6%8f%e7%a5%89%e2%91%a5%ef%bc%8d4 アドヴァイザーの先生方による接し方を表現した寸劇もありました。
%e7%a6%8f%e7%a5%89%e2%91%a5%ef%bc%8d5認知症サポーターの証であるオレンジリングをつけて、今日から私たちも認知症サポーター。