Admission

入試情報

ひと足先に各学科の授業を体験する

ちょっとサキドリ!女子大生に参加しよう!

郡山女子大学・郡山女子大学短期大学部は、高校生や志願者を対象に、
ひと足先に各学科の授業を体験する「ちょっとサキドリ!女子大生」を実施しています。
平日の放課後や土・日曜日にキャンパスを訪れ、
1時限(80分)~2時限の講義や実習を体験してみませんか。

申し込み受付中

下記の内容をご覧になり、お申し込みください。

「ちょっとサキドリ!女子大生」体験ボイス

開催日:2022.08.27

【健康栄養学科】食品衛生学実験(2022年8月27日)

健康栄養学科では、8月27日(土)に「ちょっとサキドリ!女子大生」を実施して8名の高校生のご参加頂きました。
今回は「食品衛生学実験」(1・Ⅱコマ目;160分)の授業を準備し、かき氷のシロップを使い、天然着色料と合成着色料を見分ける実験授業を行いました。かき氷のシロップの着色には天然着色料や合成着色料が使われます。今回、天然着色料のみを使用したイチゴシロップと合成着色料のみを使用したイチゴ、メロン、レモンおよびブルーハワイのシロップについて参加者の皆さんと分析しました。

【参加高校生の体験ボイス】
Q.進路の参考になりましたか?参考になった方はどのようなところが参考になりましたか。
・授業の進め方や内容
・どのような実験をしているのか 授業の内容が分かった
・実際の授業時間や、手元などを写して見せながら授業をしているところなどが直接見る
ことが出来たからです
・授業の内容 かき氷のシロップという身近なもので実験することができてとても楽しか
ったです。目に見えて実験結果が分かったので理解しやすかったです。

Q.参加した感想を聞かせてください
・難しかったです!
・少し難しいと思ったが楽しかった。
・最初は、難しいと思っていましたがすごく楽しかったです。
・楽しく、そして時間がそんなに長く感じることなく授業を受けられました。
・今回、授業を受けて天然と合成の着色料では色が着いたり付かなかったりするのがびっ
くりしました。とても、楽しかったです!
・いろんな器具に触れて楽しかったです
・今回でサキドリ女子大生に参加させていただくのは2回目ですが、とても貴重な授業
で毎回楽しみです。実験するのが好きなのでみんなで協力して行う授業ができて良か
ったと思います。次回のオー プンキャンパスは参加できるか未定ですが、参加できる
際には、よろしくお願い致します。

オープンキャンパスでは体験できない大学の本来の授業時間や深く掘り下げた授業の体験が参加した高校生にとって、大学での授業の参考になったようです。簡単で楽しい授業ばかりではなく、難しいと感じたところから興味をもったり、考えたりというところにつながっていくことを願っております。。

開催日:2022.07.23

【健康栄養学科】基礎栄養学実習(2022年7月23日)

今回は「基礎栄養学実習」の授業内容(1・Ⅱコマ目;160分)を実施しました。主に骨の構造、骨の役割、骨の代謝、骨の形成に必要な栄養と要因について講義し、実際に自分の骨の状態を知るために骨密度測定を行いました。さらに、自分の現在のカルシウム摂取量を食事調査法で調査しました。授業のまとめとして、参加の高校生には今後の地震の骨の健康について生活における留意点を挙げてさらに理解を深めてもらいました。

【体験ボイス】
Q1.進路の参考になりましたか?参考になった方はどのようなところが参考になりましたか。
・実際に体験して、大学で学ぶ内容を知ることができた。
・自分の生活を改めて見直す貴重な経験だったので参考になりました。
Q2.参加した感想を聞かせてください。
・骨密度が平均より高くても、カルシウムが足りなかったら、骨粗鬆症になるリスクが大きくなるので積極的に摂取していきたい。
・普段自分が食べている食事を表にまとめることで、改めて食生活を見直すことができて良かったと思います。授業をしてくださるスピードや話し方はとても丁度よくて分かりやすかったです。

オープンキャンパスでは体験できない大学の本来の授業時間や深く掘り下げた授業の体験が参加した高校生にとって、大学での授業の参考になった様子でした。8月には食品衛生学実験の授業を実施します。授業内容を体験すると同時に、学科教員を知ってもらったり大学の施設を見てもらったりする機会になれば幸いです。

開催日:2022.07.23

【地域創成学科】博物館概論・情報メディア概論・図書館概論(2022年7月23日)

大学と同じ1科目80分を自分で選択した授業で体験してもらうことを目的に、「文化・歴史系」からⅠ時限「博物館概論」、Ⅱ時限「図書館概論」、「ビジネス・情報系」からⅠ時限「情報メディア論」、Ⅱ時限「家族社会学」を選択科目としました。

「文化・歴史系」
Ⅰ時限(9:10~10:30)「博物館概論」(會田 容弘)デザイン1室、2名参加
博物館ではどんな仕事をするの?そこで働くにはどうしたらいいの?博物館の疑問解決、必見の授業。来て見てマナブ!

Ⅱ時限(10:45~12:05)「図書館概論」(和知 剛)デザイン1室、3名参加
「図書館」はみなさんの身近にある公共施設のひとつです。でもなぜか、SNSで繰り広げられる図書館を巡る議論は噛み合いません。今回はその謎をひもといていきましょう。

「ビジネス・情報系」
Ⅰ時限(9:10~1:30)「情報メディア論」(山口 猛)芸術館№1講義室、1名参加
生活を豊かにするための大切な資源である「情報メディア(新聞・テレビ・Youtube・SNSなど)」の特徴を学びましょう。

【参加した高校生の体験ボイス】
Ⅰ時限「博物館概論」
 ・新博物館法で日本文化を海外へも広めるというのが素敵だなと思いました。
 ・博物館は歴史、芸術、民俗だけだと思っていたので、産業、自然科学も入ることに驚きました。
 ・学芸員補資格についてや、授業について詳しく知れたので良かったです。
 ・実物に触れてみて、火をつけるときにコツが必要なことや、昔の人の暮らし方、ものの使い方を知ることができました。実際に体験して学ぶ楽しさを他の人にも知ってほしいです。
 ・博物館の展示物がきた経緯を調べるのも楽しそうだと思いました。
 ・博物館の法律のことを学べたり、地域創成学科の実際の授業を受けることができたので、とても良い体験になりました。
 ・火打石を触って打ってみる体験をし、博物館で展示するだけではなく、来館者に体験すてもらう大切さを知りました。

Ⅰ時限「情報メディア論」
 ・6月のオープンキャンパスで興味を持ったので今回の授業に参加しました。オープンキャンパスのときより深く情報メディアについて学ぶことができました。
 ・地域社会とのつながりや他の場面とのつながりを大切に、大学でより深く学び、気づきが得られたらいいなと思いました。

Ⅱ時限「図書館概論」
 ・プロジェクト演習でのクローバー子ども図書館におけるプロジェクトが面白そうだと思いました。
 ・図書館へのイメージが一人一人違うことを知りました。私は図書館で自習をしてもよいイメージだったのですが、地域によって自習禁止の図書館があることに驚きました。
 ・明治初期に図書館の概念、施設が西洋社会からもたらされたことを初めて知りました。
 ・2022年だけではなく、2016年、2018年にも図書館での自習について議論されていたことを知り驚きました。
 ・自習室論争に始まり、図書館の長い歴史を感じることができました。
 ・文化の基盤の一つである図書館が今後どれだけの利用者に影響するのかが気になります。

オープンキャンパスだけでは提供しきれない情報や授業内容及び雰囲気を感じて頂ける良い機会となりました。
ご参加頂いた高校生の皆さん、ありがとうございました。

開催日:2022.05.28

【健康栄養学科】給食論実習Ⅱ(2022年5月28日)

健康栄養学科では、5月28日(土)に「ちょっとサキドリ!女子大生」を実施致しました。
内容は「給食論実習Ⅱ」の授業を準備し、行事食について講義と実習を行いました。

今回は5月29日の「コーンフレークの日」にちなみ、「シリアルバー」を作りました。担当した小林先生からは日本にはどのような行事があるか、その行事に合わせた食事とその大切さについての講義を行いました。

コロナ感染防止を考慮し実習台には一人ずつ、講義室も十分に間隔を取って着席して頂きました。

【参加した高校生の体験ボイス】
・大学の授業の体験は初めてしたのでとてもいい経験になりました。これから進学先を決めていくなかで活用していきたいです。
・初めて参加して、オープンキャンパスとは違ったいい所を見れました。
・実習の授業を体験して、楽しかったです!立ってたくさんのものを作る大変さを知ることもできました!
・家でも作りたいと思いました。

オープンキャンパスでは体験できない深く掘り下げた授業の体験が参加した高校生にとって、大学での授業の参考になったようです。

ご参加くださった高校生の皆さんありがとうございました!
またのご参加お待ちしております!

開催日:2022.06.18

【地域創成学科】宗教文化史・CG基礎・情報倫理(2022年6月18日)

2022年6月18日、地域創成学科の多様な学びを半日で体験することを目的に「文化・歴史系」「アート&デザイン系」「ビジネス・情報系」を60分ずつで3科目の授業を行いました。各授業の概要は下記の通りでした。

Ⅰ時限(9:00~10:00)「宗教文化史」(福島寅太郎教授)芸術館No.2講義室
神仏習合という概念の意味を解説しながら、日本人の宗教信仰の特徴を考えてみたい。
高校の「日本史」授業の大学版を体験してみましょう。

Ⅱ時限(10:10~11:10)「CG基礎」(小松太志准教授)CG演習室
ビジュアルコミュニケーションの表現手段のひとつとして、コンピュータによるグラフィック制作を体験しましょう。

Ⅲ時限(11:20~12:20)「情報倫理」(佐々木達矢講師)芸術館No.2講義室
思ったほど自由じゃないインターネット社会:この社会で犯罪に巻き込まれず、他者と共によく生きるためのモラルとマナーについて学んでいきましょう。

【参加した高校生の体験ボイス】
Ⅰ時限「宗教文化史」
・宗教や文化が好きなので、詳しく知ることができてとても楽しかったです。日本の風土、自然や自然現象に神の存在を認めるというのが素敵だなと感じました。
・仏教と日本の神が共存できた理由をしることができて楽しかったです。板書をしない授業が新鮮でした。
・高校の授業と違う部分がよくわかりました。新聞の内容、文章の構成を理解して深掘りするのがとても勉強になりました。

Ⅱ時限「CG基礎」
・デザイン系は少し苦手意識がありましたが、実際にやってみて興味がわきました。Macは初めて使いましたが、普段使っているものとあまりかわりなく操作できたので、良い経験になりました。
・解像度によって画質が異なり、同じ画面の大きさでも違うことを知りました。自分で画像を選んで好きなように作れたのが楽しかったです。大きさや彩度を変える面白さや、どこに配置するかを考える難しさを理解しました。
・Photoshopは知っていましたが、触るのは初めてでいろいろ手間取りましたが、面白かったです。
・CGは難しいのかなと思っていたけれど、わかりやすい説明で楽しく授業を受けることができました。

Ⅲ時限「情報倫理」
・ネットで相手が見えないことが当たり前になっているので、ネットワークを使ううえでの大きな課題を分析する授業がとても興味深かったです。相手が見えていない、評判が機能しない状態での自分の行動をあらためて考えてみようと思いました。
・とてもわかりやすかったです。ケビン・ベーコン・ゲームでは、ネットワークを通して色々な人にたどり着くのが面白いなと思いました。SNSでは相手が見えないけれど、困っている人がいたら助ける、多様性について理解、受け入れられるようにする大切さを学びました。「善きサマリア法」が日本にもあったらいいなと感じました。
・思考実験は難しくて頭がこんがらがるけれど楽しかったです。答えの出ないことでも考え続けることが大事だなと思いました。
・「善きサマリア法」などを学び、人間関係について考え直そうと思った。「相手を尊重し、たとえ相手を理解できなくても助けてあげるべき」という言葉に感銘を受けました。今日はじっくり友人関係について考えたいと思います。

開催日:2021.07.24

【健康栄養学科】調理科学実験(2021年7月24日)

当日は11名の生徒が参加し、調理科学実験(160分)を行いました。
キャベツときゅうりを使用した、野菜の吸水・放水実験 を行いました。水の温度や食塩濃度を変えたときの野菜の状態変化を観察し、11人のデータをまとめ考察しました 。

【参加した高校生の体験ボイス】
・授業の内容を知ることができてよかった
・どのような授業をしているのかを知ることができ、参加してよかった
・どのような先生がいるのか知ることができてよかった
・あっという間の160分だった
・もっと講義を聞きたかった

開催日:2021.07.06

【健康栄養学科】食品学Ⅱ・応用栄養学(2021年7月6日)

3名の生徒が参加し、平日の16:10(Ⅴコマ)からの35分講義を2科目(食品学Ⅱ・応用栄養学)行いました。会津からも参加してくれた高校生もいました。

【参加した高校生の体験ボイス】
・プリントやモニターを使っての授業は分かりやすかった
・妊婦さんが気を付けないといけない食べ物がたくさんあることを初めて知ったのでとても参考になった

開催日:2021.06.05

【健康栄養学科】調理学実習(2021年6月5日)

当日は7名の生徒が参加して調理学実習を行い、保育園での食育授業を想定した実習授業を行いました。幼児期に卵や牛乳のアレルギーを持っている子どもたちが多いことから、アレルゲンとなる卵や牛乳を除去したおやつを作成しました。

【参加した高校生の体験ボイス】
・アレルギ ーの子どもたちにも代用の食材を使えば美味しいお菓子をつくることができることが分かった。
・卵や牛乳を使わなくてもお菓子作りができることを初めて知った。
[お問合わせ]

お知らせ

INFORMATION