OG Interview

社会で輝く先輩たち

06

社会で輝く先輩たち

株式会社福島銀行

2019年度短期大学部地域創成学科卒業

坪井 祐佳さん

「毎回が本番」の窓口業務。大変だからこそ面白さを感じます。

 私は昔から地元志向が強く、本学科は地元にいながら司書などの資格が取れることから選びました。
就職も地元福島で「地域の役に立てる仕事」に就きたいと考え、本行は地域のボランティア活動なども積極的に行っていると知り、志望しました。入行1年目の仕事は窓口でのお客様対応です。窓口業務は出入金や口座開設、商品説明まで広範囲に及びます。そして、お客様との応対は「毎回が本番」の連続です。こうした現場を体験して痛感したことは、当たり前のことを当たり前にやる大切さです。ビジネスマナーや一般常識など、学校で学んだことが今とても役立っています。
覚えることはたくさんありますが、だからこそ面白さを感じています。
お客様からの「ありがとう」も大きな励みです。今は何より、できる処理を増やすことが目標です。

卒業生に聞いてみたい3つのコト

Qユニットはどんなことをポイントに選びましたか?
A様々な学系から選べる、という本学科の利点を最大限に活かしました。私は卒業後の選択肢を増やしておきたかったので情報やデザイン系も取りました。1つの学系に「絞り込み過ぎず」履修するといいと思います。
Q資格取得のための勉強法について教えてください。
A私は覚えることを絞り込んで勉強するため、模擬問題集をひたすら解きました。間違えた問題は解説を読み込むことで理解が進み、覚えられました。とにかく、全て正解できるまで解き続けることが大事だと思います。
Q学生のうちにやっておくといいことはありますか?
A授業はもちろん、学校行事やボランティアにも力を入れることと、資格や検定はできるだけ取得しておくと就職活動に有利です。また、短期大学部なので就活準備は1年生の早い時期から行うことをお勧めします。
Copyright © Koriyama Kaisei Gakuen. All Rights Reserved.